ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
鳥取県吉岡温泉 湯守りの宿 田中屋  中国・四国地方の温泉

2013年10月に立ち寄り湯しました。

鳥取駅からバスで30分ほど、10数軒の宿と2つの共同浴場があるこじんまりとした山里の閑静な温泉街である吉岡温泉

クリックすると元のサイズで表示します

にある宿です。

「吉岡温泉館」に入浴後、バスの時間が1時間以上あったので温泉街を散策していると、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな看板が目についたので、立ち寄り湯してみました。

看板だけではなく、外観も

クリックすると元のサイズで表示します

こじんまりした私的に惹かれる雰囲気でした。

玄関を入ると

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーもフロントもない造り。
声をかけて奥から出てきたご主人に入浴料をお支払いして、お風呂となるわけですが浴室は玄関のすぐ右横です。

クリックすると元のサイズで表示します

500円の入浴料金ですが、貸切での入浴なのでした。

お風呂の大きさは確かに家族風呂として使用するようなこじんまりした大きさですが、

クリックすると元のサイズで表示します

和風でとても落ち着ける雰囲気の空間となっています。

浴槽の底に石がひかれた木淵の浴槽に

クリックすると元のサイズで表示します

自家源泉ではなく、吉岡温泉の共同管理されたお湯ですが、かけ流されています。

共同浴場の「吉岡温泉館」とおそらく同じ源泉を使用しているはずなのですが、浴感がとても違い、さっぱり感というよりもお湯がやわらかい優しい肌触りです。

温度は41℃くらいで熱くもなく、ぬるくもないちょうどいい温度でもあり、優しい肌触りと合わせて気持ちよさで、中々湯船から出ることができないお湯でした。

バスの時間があったので40分ほどで後ろ髪をひかれる思いでお風呂から出ました。

館内も

クリックすると元のサイズで表示します

清潔さがあるレトロ感のある私好みの雰囲気で、後で調べると全7室という小規模な宿であり、いずれは宿泊してみたいなあと思った宿でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.yumamori.com/
【泉質】 単純温泉    
【PH・泉温】 PH7.9 50.5℃
【立ち寄り営業時間】 8:00〜20:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ