ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
兵庫県 六甲おとめ塚温泉  近畿地方の温泉

2013年10月に立ち寄り湯しました。

JR六甲道駅、阪神石屋川駅が最寄駅ということのようですが、温泉ソムリエぐっちさんに車でご案内いただいたので実感ベースで駅からの距離はわかりません。

国道2号線から曲がり、住宅街の中に突然現れた施設という印象です。

クリックすると元のサイズで表示します

妙に驚いたのは、温泉分析書が玄関前の置型の電飾看板になっていることでした。

クリックすると元のサイズで表示します

外壁に掲出されたりしているのは見たことがありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

こういうのは初めて見ました。

お湯に自信ありということなのでしょうか。

しかし館内には温泉名の由来の看板が・・

クリックすると元のサイズで表示します

そして、館内に入ると左手に簡単な食事が取れる湯上り処があるなど

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと雑然とした感じです。

入浴するには右手の券売機で入浴券を購入し、フロントで渡して浴室に向かいます。

この日の男湯は、左側の『益荒男の湯』でした。

脱衣所から浴室に入るとすぐに階段を上がって2階へ。

内湯にはカランと水道水沸かし湯の浴槽もありますが、温泉浴槽もあります。

ただ、水道水沸かし湯の浴槽の塩素臭とカランで洗う人数が多いのでシャンプーやらボディーソープの匂いが混じり、落ち着かない感じです。

やはり温泉をじっくり味わえたのは露天風呂です。(空いていれば別なのでしょうが)

住宅街の中にある銭湯ですから、とりあえず外にあるというだけの露天ですが、とにかくお湯が素晴らしかったです。

うっすら緑がかった色合いもさることながら、細かい気泡がどんどん着いてきます。

山梨の韮崎旭温泉や山口温泉を思い起こさせるような素晴らしいお湯が、銭湯で味わえるとは思ってもいませんでした。

近くにあれば、通うこと間違いなしですね。

◆参考

「温泉ソムリエぐっちの源泉かけ流しどっとねっと」の湯の華廊記事→こちら


●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】 単純温泉    
【PH・泉温】 PH6.2 26.6℃
【立ち寄り営業時間】 6:00〜25:00
【立ち寄り料金】 410円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】


0
タグ: 温泉




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ