ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
函館市の路面電車で行く温泉  ローカル線に乗って、温泉へ

温泉旅行の移動手段として、車そして公共交通機関である鉄道、バス、船、飛行機があり、さらにタクシーがあります。

車が当然便利なのは言うまでもなくありませんが、仕事でほぼ毎日運転していて、免許をとって四半世紀近く無事故ですので、運転が不慣れとか苦手ではありませんが、別に好きな訳でもなく、運転そのものがどうというよりも、湯上がりビールが大好きというのが大きな理由で温泉旅行の主たる移動手段が鉄道(駅から路線バス)となることが多くなっています。

あくまでも移動手段ですが、乗って楽しいと思える鉄道もあり場合によっては、温泉にプラスの旅の目的となることがあります。

そんな鉄道の一つが路面電車です。

今から半世紀前の最盛時には日本の65都市で路面電車が走っていたそうですが、現在は20都市足らずで残っています。

また富山市のように路面電車の価値が再発見されて、新しい路線が作られるようなこともありますが、私のイメージとしては古きものがよく残っているというのが一番大きいです。

だから街中を路面電車が走っているというだけで、何やら嬉しいのですが、更にその路面電車で温泉に行けるのは更に嬉しい。

北海道の函館市には、最盛期には12系統合計17.9kmの路線を有していましたが、乗客の減少から廃止が相次ぎ、現在は2系統合計10.9kmの路線にまで縮小したものの、

クリックすると元のサイズで表示します

いまだ市民の生活、観光客の足として活躍しています。

2013年8月にその路面電車で温泉に行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

湯の川停留所から

クリックすると元のサイズで表示します

函館どっく前行きと谷地頭行きの2系統が発車していきます。

その湯の川と、次の湯の川温泉の2つの停留所周辺に、道南最大の湯の川温泉があります。

私は、温泉銭湯の「山内温泉」で

クリックすると元のサイズで表示します

入浴してみました。

熱めの温泉が浴室の中央に注がれる地味な銭湯で、お客さんも地元の方ばかり。

脱衣所などはレトロな雰囲気ですが、生活感あふれる銭湯でした。

もう一方の終点、谷地頭で

クリックすると元のサイズで表示します

降りてすぐの谷地頭温泉へ。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の香りする健康ランド風ですが、平成25年に市営から民間に経営が替わったようですが、

クリックすると元のサイズで表示します

路面電車でやってきていた人はまあいない感じですが、地元の人でにぎわい、また一味違う雰囲気は楽しい気分になれます。

風呂上りに路面電車で移動して、

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気のある街を散策したり、

クリックすると元のサイズで表示します

湯上りビールを飲み、塩ラーメンを食べて

クリックすると元のサイズで表示します

と温泉にプラスαのおまけ?も手軽に堪能できて、楽しいものです。

まだまだ函館市電の沿線には温泉がありそうですし、いずれ路面電車での湯巡りをしに函館に行きたいものです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ