ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
足尾温泉・かめむら別館  栃木県の温泉

2012年7月に一泊しました。

足尾銅山全盛期の足尾町の中心であった、わたらせ渓谷鉄道通洞駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

車で15分ほどの山中にある宿です。

宿の送迎はすればしていただけますし、通洞の駅前には基本的にタクシーが常駐

宿の名前が別館となっていますが、本館は通同駅のそばの町中にあります。
ちなみに本館の方には温泉は使用されていないそうです。

国民宿舎かじか荘」に行く道の途中で、小さな橋を渡り対岸に渡ると、

クリックすると元のサイズで表示します

そこにひっそりと宿の玄関が現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

通されたお部屋は、館内の奥まで進んだ

クリックすると元のサイズで表示します

離れ風の「藤の間」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

二間ある和室です。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の窓からは山の緑が一面に広がります。

クリックすると元のサイズで表示します

二間の部屋ですが、食事は別の個室でいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食

クリックすると元のサイズで表示します

朝食

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は男女別に内湯があるだけです。

クリックすると元のサイズで表示します

入れ替えはしないようです。

男湯は、大きく取られた窓から山の緑だけが広がるとてもいい眺めです。

クリックすると元のサイズで表示します

宿泊した日は私達夫婦だけの宿泊でしたので、女湯も見てみました。

クリックすると元のサイズで表示します

男湯に比べるとこじんまりした浴室で、テレビ朝日の秘湯ロマンで放送された時は、ナビゲーターの女性の入浴シーンも男湯で撮影していたのですね。

どちらも加温された足尾温泉がかけ流されています。

クリックすると元のサイズで表示します

柔らかがあるさっぱりした浴感のいいお湯です。
ただ、宿泊したこの日は加温しすぎで43℃くらいの湯温となり熱すぎで、宿の方にそれを伝えたら湯量を相当絞り、以降ちょろちょろしか湯が注がれなかったので本来のお湯を充分に楽しめるまではいかなかったのは残念でしたが、山の中の秘湯の一軒宿風情が味わえたいい宿でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.h2.dion.ne.jp/~kamemura/
【泉質】 アルカリ性単純温泉    
【PH・泉温】 PH9.5 36.0℃
【立ち寄り営業時間】 要問合せ
【宿泊】有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
1



2012/8/29  19:54

投稿者:すぶた

ゆゆさん、コメントありがとうございます。
ゆゆさんのブログの少し前の九州編、最近の中国地方編を楽しく拝見させていただいています。
この宿のお湯は素材は間違いなくいいのですが、夏場にここまで加温しなくてもというところですが、宿の御主人曰く、冬場は加温してもぬるいとお客さんからクレームがあったりするそうで、冬に行くとまた違った感想になるかもしれません。

ゆゆさんのブログはこれからも楽しみにしてますね!

http://sky.ap.teacup.com/subutanoonsen/1227.html

2012/8/29  16:04

投稿者:ゆゆ

かじか荘の手前に宿〜〜。
知らなかったです〜。

きれいな湯に見えますが、加温し過ぎ
ちょっともったいないですね。

夏場は、思い切って冷たいくらいでも、
気持ちいいかもですね。

http://ameblo.jp/1515-iiyuni-hairo/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ