ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
福島県岩瀬湯本温泉・ひのき風呂の宿分家  北海道・東北の温泉

2012年4月に一泊しました。

山里の小さな集落の中にある宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

藁葺き屋根の歴史ある建物です。

玄関も歴史を感じさせるいい雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を入るととてもきれいな空間が広がり、

クリックすると元のサイズで表示します

左側には囲炉裏があり、

クリックすると元のサイズで表示します

ツキノワグマのはく製が置かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の方に伺うと、割と里の方に下りてくることがあり、昔は宿で小熊を飼っていたこともあるそうです。

私が宿泊したのは狭い階段を上がった

クリックすると元のサイズで表示します

3部屋のドアが向き合っているうちの、

クリックすると元のサイズで表示します

ぼたんという部屋でした。

クリックすると元のサイズで表示します

歴史ある造りを残しながら、きれいに手を入れている感じでいい部屋でした。

黒電話も不通に置かれている一方、

クリックすると元のサイズで表示します

洗面はきれいだったりしました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、お風呂ですが一階の右奥にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の名前通り、ひのき造りの浴室です。

クリックすると元のサイズで表示します

湯船は3人入れるくらいの小振りなものですし、夜はかなり暗く感じますが落ち着ける雰囲気で、ほのかに塩気がある少しぬるめの温泉がかけ流しされています。

柔らかいのにさっぱりした浴感で、湯上がり後もあたたまり感が継続するいいお湯でした。

食事は通常は1階の広間ですが、一人宿泊であったためか部屋食でいただきました。

夕食は、山の幸が沢山出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

美味しかったのですが、多すぎて食べきれませんでした。

朝食は山菜中心で量がちょうどいい感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の方は皆さんいい方ばかりで、静かな環境、歴史ある建物をうまくリニューアルしている館内の雰囲気、そして素晴らしい温泉で大満足の宿泊となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www7.ocn.ne.jp/~bunke/
【泉質】 ナトリウム・カルシウムー塩化物泉    
【PH・泉温】 PH6.8 49.2℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜16:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ