ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
和歌山県川湯温泉・公衆浴場  近畿地方の温泉

2011年10月に立ち寄り湯しました。

川湯温泉は、山々に囲まれ、熊野川の支流・大塔川の穏やかな流れに沿って、10軒余りの旅館・ホテル・民宿が並ぶこじんまりとした温泉街です。

大塔川の川床から湯が湧く温泉を、水量が少ない11月から2月の冬の期間だけ、本格的な土木工事で川をせきとめて、長さ50メートル、幅15メートルほどの仙人風呂と称した超巨大露天風呂が造られます。

クリックすると元のサイズで表示します

10月に行ったので仙人風呂はありませんでしたが、1軒だけある名称は公衆浴場となっている、共同浴場に行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

階段を上がったところにある受付で入浴料金を支払い、

クリックすると元のサイズで表示します

あまり風情があるとは言えない建物を入っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

浴室はタイル貼りの浴槽が一つあるだけの簡素なものです。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉もこれまた特徴がないアルカリ単純温泉ですが、さっぱりした浴感で悪いものではありません。

この時の旅では白浜、湯の峰、湯の口と巡っての仕上げの湯でしたが、十分満足のいく一浴となりました。

●施設のデータ

【施設のHP】(参考)http://www.hongu.jp/kawayu/index2.htm
【泉質】 アルカリ性単純温泉   
【PH・泉温】 不明
【立ち寄り営業時間】 8:00〜21:00
【立ち寄り料金】 250円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0
タグ: 温泉




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ