SlotGallery-spin out

 
align="center"

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:MS670B
>TOMさん
体調いかがですか?
趣味はムリせずボチボチいきましょう。

自分が作るの遅いのを棚に上げて、イベント云々勝手な事を書きましたが、TOMさんとオプスタさんには真面目にレスいただいて恐縮です。
そういうイベントって、いざやろうと思うと大変でしょうね。またこちらに来られる機会があれば、こじんまり楽しみましょう。
投稿者:TOM
遅レス
体調が優れずレス遅れました。
スロットカーを趣味にする人って、レースを主眼に置くかリアルな作り込みにするかでかなり楽しみ方が違うと思うんですよ。
日本のスロットカーは圧倒的に前者の方が多いと思います。ただでさへ少ないのにその中でもモデリングを楽しむのはごく少数。
さらにはモデラーって人によって考え方が全然違うのでリアルスロットミーティングはかなり難しいですよね。

普通のカーモデルのミーティングでさへ、人数が集まるのは至難の業です。
まあ東京〜静岡地方なら可能かもしれませんね。

翻ってヨーロッパではジオラマやスクラッチでリアルなスロットを作る人って多いですよね。
歴史が違うと云えばそれまでですが、完全に趣味として確立されている気がします。

走りに関してのセンスは全くないので、イコールコンディションのレース以外にはあまり興味が無いですね。
その分、作るのが好きでチマチマ製作していますが、他人の作品を見るとまだまだと思ってしまいます。
そういう意味でもミーティングは良い勉強になるんですがね。
投稿者:オプスタ
タミヤ5TURBOのホイルを組んだ方の意図が……。
少しタイヤの幅を広げて実走行を意識したんでしょうか?
それにしても
世界は広いな〜とひしひしと感じます。
メインシャーシはプラモデルの物でも、そにの最小限の削除で
アルミのモーターマウントやアクスル軸受けを、自前の旋盤で
削り出しで作り、ハイブリッドさせ、ほぼディスプレイモデル
に近い仕上がりの中に、走行性能も本気のスロットカーを製作している彼の地の人もいたりして、いやあホント驚くべき技術や
アイデアを持ってる人で世界中にはたくさんいるだなあと
(そんな多くないか汗)

僕もMS670Bさんの意見に賛成です。
何度か構想を練るのですが、なかなか実現まではむずかしいです。
企画内容や場所とか、人集まってくれるのかな〜とかいろいろ。


投稿者:MS670B
>TOMさん
以前、ミニレプリカ製の4CV1063という、1951ルマンの750cc クラス優勝車を掲載していただきましたが、24でも作りたいなと思って、このエレールのキット確保はしてあります。でもヒゲの本数を増やさないといけないし、ドライビングランプ?も増設しなきゃならないので、結構手間がかかりそうで後回しになってます。
誰かスロット版フレンチブルーミーティング企画してくれたら頑張れるかも・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ