SlotGallery-spin out

 
align="center"

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TOM
>nightbirds_fly
自分は協調性無いので人に合わせて遊ぶのは無理かもです
なので孤高のというより、一人で遊べる孤独の趣味ですかねw
投稿者:nightbirds_fly
いやー本当にしかし、私なんかは元々つくるのがメンドイから32やってるような人間ですから。。でも実車の代わりにオモチャで遊びたいだけだからリアリティは必要で、だから営業サーキットで同色同車が何台もカブることに耐えられず、仕方なく塗り替えたり作ったりしているだけなんです。それは今でも変わってないですね。
だからTOMさんのやってる方向は「孤高のストイック」以外の何物でもありません! 引き続き、見守っています。
投稿者:TOM
>nightbirds_flyさん
いつもコメありがとうございます
いやぁ細かいこと気にする割には適当に現物あわせだしストイックじゃ有りませんよ(汗
塗装も学習能力無いのか失敗すること多いです
インセクトピン00号、数を考えると恐ろしいですね!
投稿者:nightbirds_fly
まぁー私だったら気になるヒケ部分だけ溶きパテ&周辺だけ馴染ませ用サンディング、全体にサフ吹いてリベットの埋まり具合をみながら表面つながり調整、で色を吹いたら厚めのウレタンクリヤって感じですかね。
極端なこといえばパーティングラインなんかは峰のてっぺんだけでも軽く丸めておけば、ウレタンクリヤの厚吹きで沈みますもん。

キモはリベットの立体感ですよね。メタリックならウレタンクリヤに埋もれていてもリベットの影が出てくれるけど、ソリッド赤ですもんね。私なら現実と離れてメタ暗赤あたり胴体下方にかけてグラデーション処理など、塗装でオリジナルな立体表現を考えるかも...(((;^^)

・・・しかしストイックなコダワリを信条とするTOMさんモデリングは、それを許さないでしょうね。
ここは、サクッといっていただきましょう、虫ピン00号!
数を減らしても、むしろ立体感は強調できるかも。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ