SlotGallery-spin out

 
align="center"

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TOM
>オプスタさん
十分クリア層が出来たところで乾燥時間を十分にとれば
最後に少し多めに吹いてもデカールは持つはずです。
言葉で表すのは難しいですが......
これをやると磨きがかなり楽になります。
投稿者:オプスタ
またまた、とても勉強になりました。
実は前にクリヤーで大失敗したんで、
軽く薄くしか吹いていなかったんです。
当然クリヤーが薄いのでコンパウンド磨きもあまり出来ませんでした。それでも最後に失敗するよりいいかと。
でも次回からは、グンゼで根気よく日数をかけて重ねるようにしてみます。どうもありがとうございます。
投稿者:TOM
>ganmaさん
ども〜
どうやら埃が付くときの湿度って決まっているみたいですね。いくら吹いても付かないときは大丈夫だし、一吹きで付くときもある。
なので、一回り軽く吹いて埃が付くようなら即止めることにしています。クリアを重ねるとドツボにはまるんで w

乾燥が早くかつ硬度がある塗料でないとコンパウンドをかけられないですよね。柔いと結局デカール引っ張るので。
なのでグンゼのクリアに落ち着きました。
まあ、それでも失敗するときが...w
投稿者:ganma
こんにちは。

>少しずつクリアを重ねていきます。埃がつく様なときは止めてしまう

ここが一番難しいですよね。 止める勇気というか見極めと言うか、逸る気持ちを抑えられなくて失敗する事多数・・・・。

>放置プレイで乾燥して収縮するまでコンパウンドかけません。

これも逸る気持を抑えられずついコンパウンドかけしたら、クリア層の下でデカールがグニャグニャと・・・・、オマケにクリア層もシワだらけ・・・_| ̄|○
投稿者:TOM
>オプスタさん
ども〜
クリアは最後の段階にして、もっとも難しいですよねぇ
最近はグンゼのスーパークリアです。
試行錯誤の結果、自分的にはどんなクリアでもデカールはやられる可能性があります。
乾燥の遅い、水性やモデラーズを使うとリスクは低くなるんですが乾かないため、コンパウンドで仕上げられない。
特に水性は時間とともに艶が引ける感じがします。
で、グンゼは溶剤分が強いため一気に吹くとデカールがやられるので時間をかけて、少しずつクリアを重ねていきます。埃がつく様なときは止めてしまう
こともあります。
十分クリアが載ったら、放置プレイで乾燥して収縮するまでコンパウンドかけません。
これが最近は何台もボディを同時に作る理由になってしまいました。(待っている間に他のを作るため)
まあ、あくまで自分的な感想なんですけど
それでも完成急いで、クリア失敗することがあります orz

投稿者:オプスタ
クリヤー吹くのもなにげに難しいですよね。
濃さがわかりにくいので、ぶいぶい吹いているとボディの下側にたまっていたり、白く曇ってくる場所がでてきたり、難しいなあ〜。
プロトのデカールはアクリル系のクリヤーで溶けると聞いているので、水性を使っているのですが、TOMさんはどんなの使っているんですか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ