かわいそうなぞう

2004/5/23 | 投稿者: yom_sky

 昨日はあっちゃんの出ているアプラオスの芝居を見たのち飲みにいって酔っぱらってKotaさんともども(´ω`) 君ちに泊めてもらった。フォーメーションZをやらせてもらった。小学校時代友人からかりてぶっ壊した苦い思い出のある懐かしゲームだ。ファミコン初の変型ロボットシューティングだったと思う。今やると正直つまらない。BGMねえし。
 (´ω`) 君はこの春に一人暮らしを始めたばかりでようやく一人暮らしにも慣れて来たようで「なれると実家にはもどれないですねぇ」などといっていた。そうだよね。家をでたらもどっちゃ駄目よね基本はね。
 バイトに出かける(´ω`) 君と共に新宿に向かい(´ω`) 君を見送って映画を見に。なぜか三日くらい前に急に見る気満々になったキューティーハニ−を見るつもりだったが来週公開だった。ので、今週末まででロードショーが終わってしまう「ロード・オブ・ザ・リング王の帰還」を見ることに、てかむしろこれ見ておかねばなナイスタイミング。
 チケットセンターで「ロード・オブ・ザ・リングください」といったら「ドーン・オブ・ザ・デッド」のチケットが出て来る微笑ましい小ネタもありつつ映画館へ。長丁場は覚悟完了しているので水分控えめ、きっちりトイレ。ガム持参。
 予告も含めて3時間40分。
 確かに長いけどとても良かった。良かった完結して。良かった愛しいしと。良かったサム。サム良かった。サムばんざい。信頼のお話なんだよな。信念のお話なんだよな。ファンタジーというかおとぎ話というか冒険譚の基本はこれだよなと思う。
 指輪を火山に投げ込んで使命をはたしてからの後日談がゆっくりと語られたのも良かった。サム良かった。サムばんざい。
 そんでラストはそう。そうでなくては。冒険から帰った主人公はもとの暮らしには戻れない。冒険譚とはそういうものなのだと思う(原作は未読なだったので)。成長の話なのだと思う。家をでたらもどっちゃ駄目よね基本はね。
 ドラえもんの映画も冒険譚だけれどものび太は家に帰って来るなぁなんて思う。F先生、そのジレンマみたいなものもあったのでしょうか?などと。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ