ロードショー中です!第二回目「島津山先生の講議」

2005/5/31 | 投稿者: yom_sky

「東京おしゃれ探偵」の主人公、島津山ゴウは探偵をするかたわら、大学でセンセイをやっています(大学には探偵をしていることは内緒です)。はじめから両立してたわけではなく、探偵をはじめたのはそんなに昔のことではありません。歴史を教えています。専門は日本史、特に文化史。民俗学的な分野もテリトリーだと考えていると思われます。
で、これまでの1〜3話には冒頭に必ず島津山センセイの講議のシーンがありまして、ここでセンセイが講議している内容がその回のストーリーとリンクするような形をとっております。
第一話はとある企業の研究室から新開発の商品が箱ごと盗まれるのだが実はその箱自体が新開発の商品だった、というお話で講議は「浦島太郎の玉手箱は玉手箱自体に意味がある」という内容。箱つながりです。
2話では「トロイの木馬」3話では「覆水盆に帰らず」にまつわる講議をしています。シナリオを書くにあたり、ここで一つ問題が出て来ました。
トロイの木馬はギリシャの話で、覆水盆に帰ららずは中国の故事で島津山ゴウは日本史の先生だという事です。
と、いうわけで元の題材に少しアレンジを加えて、日本史の内容にする、という作業をくわえました。どんなものかというと・・・それはネタバレになるのでまた後日という事で。

本日は休館日。
明日20時21時の回を見に行くつもりです。どなたか御一緒にどうですか?
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ