四方田

2006/10/1 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

しばらくたってしまいましてすいません。
『東京おしゃれ探偵シマヅヤマゴウGO!』第4話「背中合わせの恋人」を見に来てくださった皆様、応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。

第4話。4話ですね。もう4話。まだ4話。やっとここまできたもんだ(まだ先も長い)。

脚本担当としましては第4話「背中合わせの恋人」は全6話の後半戦のスタート、結末がはじまる回、たとえばもっと長い15話とか30話とかの連続モノだとすると最終回の1話ないし2話まえの回のつもりで、

・お互いの正体を知らずに背中合わせで縛られる
・パピコが先に気が付き、ばれない様に必死で取り繕う

そんな話にする、というのは結構早い段階から決めていました。おそらく2話3話よりも先に。
それと、もう一点の(脳内の)約束事として他の回が演劇ばたの人間が映像的なものを意識して書こうとしている(できているかどうかは・・・どうでしょうね?)のに対し、4話だけは演劇的なものをやろうと考えていました。シチュエーションコメディって感じで、だから舞台もなるべく固定で。
ストーリー的には本道、展開は全6話の中でももしかすると一番らしくない話になっているのかもしれません。島津山チームの任務もオフェンス的ではなくディフェンス的ですしね。そういうところもいろいろとですね、いやぁ連続ものというのは難しいですね!
勉強させてもらっています。。

さて5話、そして6話です。ただいま広げた風呂敷を必死にたたもうとしております。
なるべくおまたせせずに上映にこぎつけたいと思っております。こぎつけるといいなぁ。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ