四方田

2008/9/25 | 投稿者: Sky Theater PROJECT

不定期シリーズ「僕とドラゴンクエスト」
その3 ドラクエ2の思い出(後編)〜ロンダルキアの白さを求めて

ラーの鏡。風のマント。グレムリンと船。アレフガルド。メルキドの大灯台。ロトの剣、弱い。いかずちの杖超便利。ラゴス。水のはごろも。力の盾。海底の洞窟。邪神の像。ルビスの守り。ロンダルキアへの洞窟。落ちた落ちまくった。いかずちの剣はどこにあるんだ!落とし穴をメモって…(簡単に抜けられるルートを知ったのは数年後)。

そして、ロンダルキアへ。
洞窟を抜けると決戦の地は万年雪に覆われた白い大地。
前線基地となる教会とハーゴンの城しかない閉ざされた高地。
一見してわかる、最終決戦の地、
冒険の冒頭では想像しえなかった白い大地、ロンダルキア。

今でも自分は物語(それはゲームに限らず)の一つの方向性としてロンダルキアの白さを求めることがある。「ロンダルキアみたいな結末の展開がやりたい」などと言うこともある。
あらすじで、冒頭で、中盤でユーザーが想像したこの物語の結末。それを超える製作者の用意した結末。気がついたら思いもしないところに連れて行かれてしまっていたそんな作品を今でも私は求めている。
ロンダルキアの白さをいまだ求めているのだ。

好きなドラゴンクエストのシリーズは?
ドラクエ2かドラクエ5。かな?

もっとも影響を受けたドラゴンクエストのシリーズは?
それはもちろんドラクエ2。
桜玉吉の「しあわせのかたち」も好きでした。

そんな感じ。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ