road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2018
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

続・怒りと悲しみの後期高齢者医療制度

「国民健康保険特定健康診査等実施計画」なるものが配達されてきた。
いわゆるメタボ検診である。その対象は40〜74歳。
知っていたこととは言え、あらためて母がこの検診の対象からはずされているシビアな現実にショックをうけた。
「残存能力で生きろ」その言葉が頭の中でぐるぐるかけめぐった。

今日は、この制度による高齢者の経済的な負担増について少し具体的に書いてみたい。

その一、私が勤務する都市の場合。

これまでは国保の減免制度があったため、75歳以上の高齢者で年金収入153万円未満の方は、負担額は0円だった。
ところが後期高齢者医療制度により、75歳以上の方は国保から閉め出されることとなり、負担は一気に年額12000円となる。

また、年金収入が168万円未満の方についても、これまでの約5万円の負担から23万円への負担へと、約5倍の負担増となる。

無収入の人からも年額12000円
年金額168万円の人はなんと5倍の負担増に!

(資料;社会保障推進協議会)

その二、大阪市のケース

大阪社保協によると、「後期高齢者なんでも110番」に次のような電話があったという。
電話してきたのは74歳のタクシードライバーの男性。
年収200万のこの男性は8月に75歳を迎える。
娘さんは40代で精神障害を持っていて働けない。
お父さんが後期高齢者医療制度によりこれまで加入してきた社会保険から閉めだされることとなる。
それは娘さんにとっても、その被扶養者でいられなくなることを意味する。
だから国保に入らなければならない。娘さんの国保料は年間7万円にもなる。
お父さんの保険料が12万円、あわせて20万円近い負担となる。

74歳現役タクシードライバー。年収は200万円。障害者の娘と2人で保険料なんと20万円にも

ところで、この国のメディアはいったいどうなっているのだろう?
この制度の抱える問題の重大さに比して、その取りあげ方があまりにも軽すぎはしないか?そのあまりの軽さに歯がゆい思いをしているのは自分だけなのだろうか?
人権問題というならこれからこの国で行われようとしていることこそ、まさにとびっきりの人権侵害ではないだろうか?
中には、「この制度、仕組みのわかりにくいのが問題」であるかのようにとらえているテレビ番組すらある。
その番組スタッフは、なんて浅はかでおめでたい人達だろう。
わかりにくいその仕組みをわかりやすく伝えることこそがあなた達の使命ではないか?
そこにある本当の問題点を知りもしないし、知ろうともしない。
怒り悲しみ、そしてそれでもけなげに今日を生きている人々の思いのたけを、どうしても彼らに伝えていかねばならない。



0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:eudaimonia
BLOG BLUESさま

こんばんは。
お褒めの言葉ありがとうございます。
言わんとされていること、そのお気持ち、とてもよくわかります。
僕もよく「で、なんで民主党なの?」と思わずつっこみたくなってしまうことがあります。
でも僕は、それでもそれらの声を決して否定的には考えないようにしています。
「現状を変えたい」っていう気持ちがそういうかたちで、そういう声で現れているんだって思うんです。ただちょっとした勘違いやら認識不足やらがあるだけで・・・
じっくりと構えていきましょう。敵対視だけはしないよう・・・
貴ブログ、いつも楽しく拝見させていただいております。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m
投稿者:BLOG BLUES
こんにちは。TBありがとうございます。非道な政治に対する怒りの念いが真っ直ぐ伝わって来る、いいエントリーですね。『この国のメディアはどうなっているのだろう?』その疑問は、今日本で、最も政治意識の高い人々の集まりである、左派・市民派ブログシーンに対しても、投げ掛けたい。後期高齢者医療制度と戦っているのは共産党、民主党は見向きしていない。然るに、共産党ガンバレの声は一向に聞こえて来ず、相も変わらず民主党ガンバレの声ばかりだ。うーん、真っ暗闇ですが、この闇は、夜明け前の暗さだと思うことにして。リンク貼らせていただきます。あらためて、どうぞよろしく。



http://blogblues.exblog.jp
AutoPage最新お知らせ