road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

真の愛国者

今日、ひょんな事から20代のアメリカ人男性と話す機会を得た。
彼は言う。「もうアメリカには住みたくない」と。
わけを尋ねると、「アメリカは決して世界のナンバーワンの国ではない」
と自分の思っていることを言うと、周りはそんな自分に総攻撃をしかけてくる。
そんな空気をもつ今のアメリカ社会が嫌でたまらないのだ、という。
その彼は、沖縄での米軍人による子どもに対する強姦事件について、本気で怒り、憂えていた。
その時ふと僕は、テレビで見た「親のしつけの問題です」と平然と言い放った女性コメンテーターのことを思った。そのことを彼に伝えると彼は頭をかかえ激しく首を横に振った。「そんな問題じゃないんだ・・・」と。
僕は思う。彼こそ真の意味で愛国者といえるのではないのだろうか?
そしてそんな真の愛国者こそ、国籍の違いを超えて本当の意味でのグローバリゼーションを実現できる者達ではなかろうか。
0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ