road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2018
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

あきらめてはならない

最近よく悪い夢にうなされる。
たとえば、そこはすでに戦中のこの国の未来で、僕は特高につきまとわれているのだ。教室での僕の言動がすべてチェックされている。そして仕事を失うのではという恐怖におびえて震えている。その息苦しさに耐えられなくなったところで目を覚ます。

目覚めて思い出したのは、三浦綾子の「銃口」のことだ。
主人公の竜太は誰よりも子ども達を愛する教師。そんな竜太がある日「綴り方教育」の会合に出席しただけで、突然検挙され連日きびしい取り調べを受けた上に退職を強要されることとなる。かれが敬愛する恩師坂部先生は特高の拷問を受けた後病死する・・・
という内容だ。
生活綴り方運動に対する弾圧は歴史的な事実であり、「綴り方教育は貧困と矛盾に目覚めさせ、子ども達を革命戦士に育てるための教育・・」とでっちあげられ、治安維持法違反によって約300名の公立小学校の先生たちが検挙された。

二度と再びその時代に戻してはならない。その責任が我らにある。今が重大な正念場である。
昨日から風邪で嘔吐、下痢を繰り返しているが、書かずにはいられない。要請のメール、ファックスも送りまくっている。
作家の辻井喬さんが言っている。

いま一番危険なのはわれわれ自身が絶望することじゃないでしょうか。異議を唱えつづけることが大事です。することはまだまだありますよ。」

要請先

安倍首相 FAX03-3508-3602
特別委員会委員長 中曽根弘文 FAX03-3508-2424
メールinfo@hiro-nakasone.com
理事 岸信夫(自民) FAX03-5512-2207 
メールcomment@kishi-jpn.com
理事 北岡秀二(自民)FAX03-5512-2236
メールshuuji_kitaoka@sangiin.go.jp
理事 保坂三蔵(自民)FAX03-3502-2095 
メールsanzo_hosaka@sangiin.go.jp
理事 風間ひさし(公明)FAX03-3508-8503
メールhp_mail@kazama-hisashi.net

0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:たかきたか
特高に今も追われているのですね。
基本法改革、あれよあれよと決まっていくのをまのあたりにしていました。
私たちはもっとカミングアウトしなければならない。
(いちやん)

http://astri.269g.net
投稿者:murata
>昨日から風邪で嘔吐、下痢を繰り返しているが

それはたいへん。

そうですね辻井さんの言うとおり(でも引用文けちったなー)もっと大きな目で護憲政党を一つや二つ増やすぐらいの前向きさが必要ですね、今は。

ご自愛ください。

http://murata-iwakura.com/wordpress
AutoPage最新お知らせ