road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

歴史的分岐点

歴史の分かれ目ともいえる状況がやってきた。教育基本法改悪案が昨日審議入りした。
もし可決されるようなことがあれば、教育は不治の病にかかった病人のように死の床に就くことであろう。そして教育の死は、やがて現実のこの国の民のおびただしいほどの死と苦しみをもたらすことであろう。ちょうど教育勅語が発布された後にこの国が植民地支配と戦争への道へと進み、おびただしい数の人間が犠牲になっていったように・・・
まがりなりにも教育学部において学び、教育学士となった自分の最低限の義務として、今、世の人々に問い訴えなければならないと思う。
第十条「教育は、不当な支配に服することなく国民全体に直接に責任を負って行われるべきものである」
この規定は当時学生だった僕にはとても新鮮に感じられた。現実には中教審答申やら学習指導要領やら教科書検定やら、国による「不当な支配」はその当時も教育を縛りつけていたのだが、この法律が、教師や各学校における自由で創意にあふれる教育活動を支え守ってきたのだということを知った。
先日の「東京都君が代訴訟」において、裁判所が都教委による君が代斉唱の強制を「不当な支配」と断じ原告に勝利をもたらしたのも、この法律この条文があったればこそのことである。
ここに政府=支配層が「教育基本法憎し」とする一番の理由がある。
「子どもを教育する権利は国家ではなく国民のものである。」現在の教育基本法が明言するその内容が、「教育の主体は国家にあり」とすり替えられようとしている。教師と学校は子どもや保護者に対して直接責任を負うのではなく、国に対して責任を負うものとされる。東京都の勇気ある先生たちが、自分の教育信条をかけ生徒達に君が代斉唱を押しつけなかったことを、「職務上の命令に従わなかった」と処罰するような状況が合法化されようとしている。教育基本法が替えられれば、裁判所も違法とはいいづらい。国家の支配者達が、教育の全権を握っていくのである。教育の安楽死への道・・・来月中とも言われる改悪案の成立、体をはってでも阻止しなければならないと思う。
0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ