road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2021
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

国会へ

教育基本法「改正」案がまもなく国会に提出されようとしている。
与党の中間報告からその内容を見ると、戦後の平和教育の理念を否定し(前文の削除)、「愛国心」を強制、教育上の平等が失われ格差が容認されることになる。
現在の議論の推移は全く明らかにされていない。外部に明らかにしないよう(与党内の他の議員にさえ!)議論は秘密裡にすすめられている。その名前を口にすることさえ嫌悪感を覚えるこの国の首相は「国民的な議論をまきおこす」と大きな事をほざいていたが、いったいこの状況のどこが国民的議論なのだろう?多くの国民がその重大な意味に気づかぬまま事態は進行している。このままでは、明日のこの国の形をつくる最も大切な教育の基本方向がたった2ヶ月弱の国会論議で決められていってしまう・・・

「再び戦争が肯定される国づくりへの巨大な一歩」

その恐怖におびえた僕は、「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」が主催する国会請願デモ・国会前座り込み・国会議員への要請行動に参加しようと決意。3月31日、教育基本法生誕59年の記念のその日、一人東京へと向かった。
0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ