road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2021
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

昨年度の記録〜T先生の存在について〜

昨年度の初出勤は、
全国一斉休校のため、
自主登校の子ども達の「学習支援」から、
始まりました。

それは
子ども達にとって
とても過酷なものでした。
当初は、
休憩なし、おしゃべりなしで
5時間を自習で過ごしていました。
教員による学習の援助も禁止されていました。

何度も校長と交渉しました。
やがて、
市教委の姿勢の変化もあって、
図書室で本をかりることや、
息抜きのために外に出ることなど、
少しずつ認められていきました。

昨年度の新学期になり、
とうとう
休憩に外で遊ぶことが認められました。

思いっきり子ども達と
楽しく遊んでいると、
歓声が聞こえたのか、
職員室から教頭が飛び出してきました。

そして一言、

「楽しくしないでください。
 見守るだけにしてください。」

と。

衝撃的でした。
学校で上司から、
子ども達を楽しくさせるなと指示されたのは、
約35年間で、はじめてのことでした。

もやもやした気分でいたとき、
いっしょに子ども達と遊んでくださっていた
初任者指導のために配属されたT先生に、
愚痴りました。

T先生は、
神妙な面持ちで、

「3月の自主学習で子ども達を見ていて、
 子ども達が昼食のときさえも、
 しゃべることも許されず、
 がまんしている姿に、
 これでいいのかと思っていた。」

「子ども達があまりにもかわいそうだと思います。
 ぜひ、のびのびと楽しく遊ばせてあげたい。」

と、話してくださいました。
T先生の言葉に、
自分も救われました。

あれから、約1年、
学校を去るときに
T先生が話しかけてくださいました。
そして、
こんなひとことをいただきました。

「先生を見ていて、
 教育の原点を思い起こしました。」


またひとつ、
僕にとって忘れることが出来ない
出会いとなりました。

0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ