road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

小さなラガーマン

教師として、子ども達に好かれるような存在であろうとすると、難しい問題をしょいこむことになる。
今の子ども達は甘えられる場所があるようで案外とない。安心してありのままの自分を出して甘えられる相手は、意外に少ないようだ。だから難しい。甘えさせてあげる、甘やかすのではなく甘えさせてあげることが必要な子は多い。甘えに対応するのはこちらとしてはとても大変なことだが、それは必要な事だから受けて立つ。自ら進んで背負いこむ。
しかし、時には甘えを許してはならない場面にも遭遇する。その見極め、その判断・・・自分自身が真摯に生きているかどうかが問われる時だ。

昨日のこと。僕はある一人の子に向かい合い、本気で叱りつけた。

休み時間に子どもと遊んでいるラグビーでいつも活躍しているのは、ラグビースクールにも参加しているというNだ。だがNは以前から仲間に対する思いやりに欠け、自分中心に思考する傾向があった。昨日特にその傾向が際立った。判定に従わない、ラフプレーをする、暴言を吐く、そのくり返し。あげくのはてにそれを注意したことに腹を立て、ボールをどこか遠くにけ飛ばし、それを探して片づけることもしなかった。

「こいつ、このままほっといたら、将来どうしようもないあかんたれの人間になってしまう・・・」
そんな思いに突き動かされて、午後の放課時間に出会ったNに、
「なぜボールを探そうとしなかった?なぜ返さなかった?道具を大切にしないような人間にラグビーをやる資格はない!そんなやつはラガーマンじゃない!」・・・と、かなり厳しい口調で叱った。
Nは友達を介して、「反省している」などという言質を伝えて来たりした。だが、僕は一切を受け付けなかった。Nが深く物事を考えるためには時間が必要だと思ったからだ。

今日Nは再び、今度は自分自身の力で自らの「反省」を伝えに来た。
「一晩考えた」と言った。だが表情はニタニタとしていた。
「考えたことを言って見ろ」と言っても言葉が出てこない。
ニタニタとはしていた。だが、「一晩考えた」という言葉には直感的だが僕は真実を感じた。
彼に対して容赦なく叱りつける。「ボール渡せといったのに君は無視してけ飛ばした。君が自分から返しに来ることを僕は待っていた。でもこなかった。そんな奴を僕はラガーマンとは認めない・・・」
その時、Nは初めて心の底の思いを語り始めた。大粒の涙を一杯こぼしながら・・・「僕は探したんだ・・・でも、いろいろあって・・・」
やっと心の底から僕に向き合って来た彼。その彼に対して僕は言った。
「君はラグビーうまいよ。でも、こっちはどうだ?本当に大切なのは、こっちの方なんだよ。こっちってどこかわかるか?ここなんだよ!」って彼のハートに手をあてたら、彼は静かにうなずいた。

「おまえ、伸びろよ!伸びるんだぞ!」っていう気持ちで叱っていると、想いがあふれてきて僕の目からも涙があふれてきた。
驚いたように彼は僕の顔を見上げる。最初のニタニタした顔はいったいどこにいってしまったのだろう。きらきらとした目が、まっすぐに僕を見つめていた。この子のこころにこの思いがしっかりと届いている。その実感がまた僕に涙を溢れさせた。

感情のままに子どもに対していた10年前・・・あの頃と状況は違うが、確かに自分が変わった。その成長は日常の生き方の変化に根ざしたものであると感じている。


0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:eudaimonia
ありがとう。うれしいです。
「裏も表もない心の交流」いい言葉ですね。
そんな関係をたくさん創りたいものです。
昨日、この日記書いてる途中でねちゃいました。結構、話の盛り上がったところで・・・
投稿者:こういちろう
素晴らしい話ですね。教師冥利につきますよね。裏も表もない心と心の交流って本当に大切だと思います。(^_-)☆
AutoPage最新お知らせ