road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

成人の日に

「BIG ISSUE」一月号。


巻頭「2013お正月かるた」から抜粋。


り・・・理想をもたないためにほろびた民族はある。理想をもったために滅びた民族はない。(むのたけじ)

「もっと現実をみなさい」などというおためごかしな言葉が幅をきかせる今日、若者には理想を高く掲げてほしいと願う。


よ・・・よりよく生きようとするエネルギーが強いからこそ、苦しみも強く感じるのだ。
こころの傷つきを経験することは、弱いからではなく生きようとする強い意志があるからこそなのだ。(菅原憲)

傷つきぼろぼろになるくらいに真剣に生きている人に魅力を感じるのは、きっと僕だけではないと思う。


れ・・・歴史にはこうしるされるだろう。変革の時代において、もっとも悲劇的であったのは、悪人たちの辛辣な言葉や暴力ではなく、善人たちの恐ろしいまでの沈黙と無関心であったと。(キング牧師)

黒人の公民権運動にいのちをかけたキング牧師。
沈黙と無関心を決めつけた人々に対して、むき出しの暴力をふるった白人支配者よりも悲劇的なことと訴えた。

変革の時代にあるこの国の若者へ。
たとえば「福島」の苦しみにたいして、
沈黙と無関心を守る善人であってはならないと、
マーチン・ルーサー・キングの声がどこからか聞こえてくる。

ひとはともに生きる

http://www.youtube.com/watch?v=-VZ2gOj3BZY

人は共に生きる

http://www.youtube.com/watch?v=AclmYQ08Dl4


0
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ