road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

父の言葉

今は亡き父は、ある日高校生だった僕にこんな話をした。

「世界を変える力をもつのは、キリスト教とマルクス主義だ」

家では口数の少なかった父だったから、その言葉は深く心に刻まれた。

数年後、父の言葉をあるマルクス主義者に伝えた時、
彼は、苦味を含んだ笑いを返してきた。
おそらくは、キリスト教をマルクス主義と並んで評価する考えを小馬鹿にしたのだろう。こうゆう類のコミュニストにはこれまでたくさん出会ってきた。

父の言葉をあるクリスチャンに伝えたこともある。
彼女は、言葉の中身も、父が伝えたかっただろう思いも、
真剣に受け止めてくれた。
それがとてもうれしかった。そんな記憶がある。

僕自身はマルクス主義の世界観を持って生きるようになっていった。
父からは何も知らされていなかったが、父もまたレッドパージと闘い、
労働組合運動の先頭にたって闘うマルクス主義者だったということを
死後になって知る。
そうした父の冒頭の言葉を、今僕は、父の思想の柔軟性と人間的な包容力を感じさせる言葉として受け止めるようになった。

30年ほど前、皮肉にもクリスマスの日に倒れ、かえらぬ人となってしまった父に、
2010年を迎えようとしている今、コミュニストもクリスチャンもその外のどんな考え方をもつ人も、力を合わせて平和のたたかいを、人々の生活と命を守るたたかいをすすめている姿を見せてあげたいと切に願っている。


3
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:eudaimonia
ちろさんコメントありがとう!
ワガママTBもありがとう。
コメント書きましたがうまく送れず、
届いていないか、妙にたくさんおくりつけたか・・すみません。
投稿者:ちろ
eudaimoniaさん おひさしぶりです。
お父様に、新しい世界をみてほしかったなあ・・・! それは ちろの母にも言える事なんですが(苦笑)。

みんなが政権交代を選んだ事やオバマ大統領の誕生とか!!!
亡き母はきっと喜んだだろうなあ!

いつもTB通らないので、コメ欄ワガママTBでし(笑)。
母はこみゅのシンパでした。どことなくお父様との共通点があるみたいな気がしちゃう(笑)。
そして、この国の理想(9条)が世界を変えて行けたらなあ・・・!と希望的妄想をしてみる。クリスマスの夜!
         
http://tirohane.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_151a.html
AutoPage最新お知らせ