road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「しのびよる破局の中で」

辺見庸氏の思索を取りあげた昨日のETV特集。
くいいるように見た。言葉の一つ一つを聞き漏らすまいと。
こんな風にTVにかじりついたのは久しぶりのことだ。

特に興味深かった言葉。

「(危機といわれる状況の中で)真に取り戻すべきは経済の繁栄なのかどうかは
疑わしい。ではなくて、人間的諸価値の問い直しを迫られているのではないか。
・・・そのチャンスが与えられたと考えられないだろうか。」


「どうやら資本が深く関わるらしい原発悪が、ほうぼうに遠隔転移して、すべての人のこころにまんべんなく散りひろがった状態がいまという時代の手におえない病症ではないか。」

そうして彼一流のマスコミ批判。

「歴史上かつてなかったほど、今という時代は危機を危機として認識させない時代だ。うまくコーティングされているため、人々は深刻な現状
にも気づかなくさせられている。かたや、職も住も奪われ寒空の下に放り出される人々、かたやテレビはばかばかしいお笑い番組で埋め尽くされている。」


思索ということの人間的意味を考えさせられた。
うばわれた時間を取り戻し、立ち止まり、振り返り、そうして考えよう。
辺見庸がそうしているように。根元的に。この国のあり方について。

2
投稿者:eudaimonia
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:eudaimonia
ブーゲンビリア様

コメントありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

BLOG BLUES様

おしさしぶりです。コメントの掲載が遅くなってご迷惑おJかけして申し訳ありませんでした。いつも感謝しています。
生活が多忙化して思うように書けません。
余裕が出来たら、ガンガン書きたいです。
投稿者:BLOG BLUES
こんにちは。お久しぶりです。TBありがとうございました。早速、お返しのTBをと思ったのですが、システム間の不具合でできません。ご容赦ください。21世紀は、「経済成長」「繁栄」という20世紀の人類を覆ったドグマの呪縛から解かれ、新しい価値、多分それは「共生」という概念でしょう、を見い出し具現化した国、国民から、幸福になっていくと確信しています。及ばずながら、ブログで声を上げていきましょう。


http://blogblues.exblog.jp
おはようございます。
トラックバックありがとうございました。
また、おじゃまさせて頂きます。
「ことばの可能性」を信じつつ・・・

http://blog.goo.ne.jp/naha_2006
AutoPage最新お知らせ