2007/5/18

oye como vaで遊んできました。  

クリックすると元のサイズで表示します
今回はピアノマン武内くんを誘って行って、ピアノ伴奏で浜田さんの「丘の上の愛」を歌いました。
ぶっつけ本番だったけど、まあまあいい感じ。今度はリードギター練習していこう。
ミクシーで知り合ったミク友さん達も一緒だったので、順番に演奏。
普段はライブハウスで演奏してたりしない人ばかりなんだけど、かなりみなさん上手いんですよ。レベル高いです。
で、今回もGibsonを持っていきました。持って行く前に、ちょっと弦高が気になったんでネック調整していったんだけど、お店についたら湿度のせいか気温のせいかわからないけどネックが若干逆反りしてしまって、ギターが鳴らなくなってしまった。
直前にいじるべきじゃなかったなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
てなわけで、今日はまたネック調整。
クリックすると元のサイズで表示します
こんなもんかな?
Gibsonはテンション弱いから、LLと同じくらいまで弦高を下げたらびびっちゃうね。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとナットも溝が深いような気もする。。。
0



2007/5/19  23:20

投稿者:島人

>個人的にはGIBSONだと牛骨の方が良さそうに思うけど…。(象牙にするとGIBSONらしさが少なくなるように思ったり。)

元々サイド&バックがローズだから、Gibsonらしさは無いかもしんない。(笑)

なんか異常にサドルが高いような気がするんだわ。
将来TOPが少し浮くことを想定してるのか・・・?

糸巻きも巻き部が長いから、さらにテンション弱いのかもね。短いのに換えてみてもいいかも。
外国製のギターってさ、国産なら気にならないところが、色々気になって来るのが面白いね。
いじり甲斐がありそうだ。

2007/5/19  22:32

投稿者:ぴーくん

 >ここのデーターと比較したら、12Fではまだ高いみたいだね。
ナットを上げて、サドルを下げるのがいいのかな?

 テンションが柔らかいギターなら、あまりサドルは下げない方がいいかもです。ナットを上げてみて、テンションを稼いだ段階で、サドルをどうするかでしょうね。個人的にはGIBSONだと牛骨の方が良さそうに思うけど…。(象牙にするとGIBSONらしさが少なくなるように思ったり。)

http://green.ap.teacup.com/pi-kun-osaka/

2007/5/19  22:06

投稿者:島人

気になったんで、今また測ってみた。
12Fで3ミリだったわ。
んで、LL-36測ったら6弦1Fで0.8ミリ、12Fで3ミリ無かった。
http://www.h5.dion.ne.jp/~zaki/proc_adj.html

ここのデーターと比較したら、12Fではまだ高いみたいだね。
ナットを上げて、サドルを下げるのがいいのかな?


先の書き込みの3.6ミリというのは、0と6を間違って書いたみたい。。。。(笑)
ま、でもちょっとナットの溝はもう少し高い方が良さそうだ。

2007/5/19  21:51

投稿者:島人

ん〜。ちょっとサドルが高いかなぁ?
ネックの仕込み角の問題かな?
よーわからんですが、ナットは確かに溝深い気がする。

2007/5/19  21:06

投稿者:ぴーくん

 あー、確かにナット溝深い。調整した方がいいかもしれないですな。でも12fで3.6mmもあるって、バランスあまり取れていないの??

http://green.ap.teacup.com/pi-kun-osaka/

2007/5/19  12:40

投稿者:島人

1フレットで1ミリ。
12フレットで3.6ミリくらいかな。

2007/5/19  9:57

投稿者:ぱぱ

6弦1フレットでこんなに弦高低くてびびらないの?(隙間どのくらい?)

ウチのフェさん、ナットが高くてローポジションが押さえにくいんで調整に出そうか考えてるんよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ