2006/12/25

浜田省吾のコンサートに行きました。  

クリックすると元のサイズで表示します

愛媛県民文化会館での浜田省吾コンサートのチケットが取れたので夫婦で行ってきました。
この日は、岡山で大森さんのコンサートもあって、毎年参加させてもらってるので今年も参加したかったのですが数ヶ月前から浜省のチケット取ってたので、今年は岡山を諦めてクリスマスプレゼントがわりに夫婦でコンサートに行くことにしました。
今回のコンサートツアーは初期のころの曲を多く歌ってくれたので、懐かしく聴くことができました。
うちの夫婦が出逢う前〜出逢ったころの曲ばかりで、その当時を思い出して懐かしかったです。
浜田さん、町支さんお二人とも村下さんとは同い年で、50歳過ぎてるのにステージを駆け回るパワーは素晴らしかったです。見習わなきゃなりません。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

翌日は天気も良かったので市内観光してみました。
坊ちゃん列車が来たのでパチリ。
クリックすると元のサイズで表示します

日中は暖かかったので、ロープウェイじゃなく、リフトで松山城へ上りました。
クリックすると元のサイズで表示します

途中サンタクロースが降りてきました。
松山のサンタクロースはトナカイじゃなくてリフトでプレゼントを届けるんだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

リフトを降りてからは、歩いてお城へ上がります。
クリックすると元のサイズで表示します

階段(石段?)を上ってすぐ、少しひらけた所から松山の街を望むことができます。
村下さんの名曲『夢の跡』は、ここで作詞されたんだそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

前回来たときは、改修工事中だったのですが、今回は綺麗になったお城を観ることができました。
クリックすると元のサイズで表示します

帰途、北条にある「シーパMAKOTO」という温泉で、海を眺めながらぼぉ〜〜〜〜〜〜〜〜。っとお湯につかりました。
なんか時間が止まってるようで、ほんとにリラックスできるんで、おすすめです。
0



2006/12/28  22:42

投稿者:管理人

天国の紅白・・・ですか。ちょっと複雑ですね。(^^;
でも、村下さん出場できて良かったですね。

2006/12/28  20:23

投稿者:まり

今、テレビで天国の紅白歌合戦という
番組に村下さんが出たのだけど
ビデオ収録間に合わなかったのが残念!
村下さんが44歳の時で初めて観る「初恋」の
映像でした。

2006/12/27  20:21

投稿者:まり

え!!
私がニューハーフだと知っていたん?

2006/12/27  20:15

投稿者:管理人

>あれから外出先のトイレに行く度に
>島人さんを想い出す・・・私が悲しい・・

まりさんも、先っぽ拭いてね。(爆)

2006/12/27  20:05

投稿者:まり

島人さん、素敵なクリスマスでしたね。

浜田さんの曲では「片想い」が大好き!!
それと今日、初めて聴いたのですが
「傷心」もいいなぁ〜。

あれから外出先のトイレに行く度に
島人さんを想い出す・・・私が悲しい・・。

2006/12/27  12:47

投稿者:管理人

うえぽんさん:
なかなかチケット取るのも難しいので、コンサート行くの大変です。

ぱぱさん:
『愛の世代の前に』は、受験勉強しながらよく聴いてたましたわ。

2006/12/27  10:05

投稿者:ぱぱ

おいらは高校のときに友達から『愛の世代の前に』を借りて繰り返し聴いてた。かっこええ!とは思ったけどハマリはしなかったな〜。

今聴いても『愛の世代の前に』の町支さんのコーラスはすごいと思うぞ(大好き!)。ああいう高音でパンチの効いた発声は練習してもなかなかできないんよね〜。

目指せ、町支寛二!(敬称略)

2006/12/27  8:57

投稿者:うえぽん

浜省さんのコンサートいいなぁ〜。
一度行ってみたいと思ってるのですがなかなかチャンスがなくて。
J.BOYも好きだけど、青空の扉もいいな〜。

2006/12/26  23:33

投稿者:管理人

あ〜。ワシは個人的に好きなのは「メインストリート」かなぁ。
あのアルバムが発売されたころは青春真っ只中だったにゃぁ。

2006/12/26  21:48

投稿者:ぴーくん

 ワタシのレコメンドは、バラード集3部作の「Sand Castle」「Wasted Tears」「Edge of The Knife」ですな。
 
 「J.BOY」ももちろんお勧めです。あと個人的には「Home Bound」とか「Down by the Mainstreet」です。

http://green.ap.teacup.com/pi-kun-osaka/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ