2006/7/22

尾道「絵のまち館ライブ」に出演してきました。  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、フーリークのロマン柏原さんに声をかけていただいて、因島音楽仲間のみんなと一緒に尾道商店街の夜祭りライブに出演させていただきました。
尾道商店街の土曜夜店に来たのは今回が初めて。
見るものすべてが新鮮で、なんだか子供のようにワクワクしてた島人です。

クリックすると元のサイズで表示します

会場の様子です。夜店に訪れていた人たちが足をとめては耳を傾けてくれ、路上ライブのような雰囲気でした。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、はるばる宇和島から大遠征の村田蔵六さん。お気に入りのL−7Sはいい音してましたね。
0



2006/7/23  21:24

投稿者:ゆう

村下さんも広島の血が流れているんですよね。だから広島には特別な思いがあるかも。

2006/7/23  19:37

投稿者:りんごママ

>そこに新しく生まれてくる人の魂は他の土地よりも魂の濃度が濃いのだ。

不思議ですね。
つまり多くの魂が新しい生命に、二人分とか三人分とか宿っているってことですね。

村下さんはそんな広島に惹きつけられていたんでしょうか。

尾道のライブ、島さんのお写真もあったらよかったのに…。
この商店街大きいですね。
聞いてみたかったです。
アロハシャツの方のギターの模様はバラ?ですか。


2006/7/23  16:14

投稿者:ゆう

そうなんですか、だから広島出身の有名人の人たち、元気に活動してるんですね。50歳を越えてる人たちも『おじさん』に、見えないですよね。まだ「いける!」って感じですよね。もっともっと楽しませてもらいたいですね。

2006/7/23  15:57

投稿者:島人

嘘か本当かはわからないけど、広島は原爆によって一瞬にして多くの人間の命が蒸発してしまった土地だから、そこに新しく生まれてくる人の魂は他の土地よりも魂の濃度が濃いのだ。って言ってる人がいた。

2006/7/23  13:39

投稿者:ぱぱ

広島・松山・尾道…音楽楽しむには良い環境だね!
広島出身の歌手の方って多いのもうなずける。

山梨なんか水越恵子さんと田原俊彦さん(デビュー時には同い年だったのにいつの間にか2歳年上になった…笑)ぐらいしか知らんぞ。
あ、最近ではレミオロメンがそうか。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ