2006/7/5

もう帰って来れないだろう・・・  

最近よく耳にする言葉です。
島はここ数年急速な高齢化と過疎化がすすんでいます。そのため一軒家に、一人で暮らす老人が多いです。
仕事してて、ふとその家の庭が荒れてることに気づき
「あれ?庭に草が生えてえらい荒れとるね。そういえば最近ここの家のじいさん見かけんけど、どうしたん?」と訊けば
「少し前に脳梗塞で倒れて入院しとるよ。」
「そりゃ気の毒じゃね。庭もこんなに荒れて。。。で、息子や孫は近くに住んでるん?」
「いや、都会へ出て暮らしとる。」
「そりゃぁいけんね。じいさん早よう退院して帰って来んとね。」
「いやぁ、もう寝たきりらしいし、もう生きてこの家に帰ることは叶わんじゃろう。」
というような会話が多くなりました。なんかそんな話を聞くたびにブルーな気分。

今からこんな心配してても仕方ないのかもしれないけど、子供のいない我が家も年取れば(年取らなくても)、いつかはどちらかが先に死んでどちらかが後に残されるわけで、残された方も死んでしまったら・・・。
都会なら、そうなる頃には土地ごと売っちゃうんでしょうね。でもこの過疎の島じゃ売れないだろうなぁ。
まぁいいか、死んだ後のことは死んでから考えることにしよう。
0



2006/7/7  22:05

投稿者:ゆう

死んだ後のことは死んでからでも遅くないとおもいます。真っ暗闇の中にポツンといるだけで、おもしろくなさそうですよ。今のうちにいっぱい人生を楽しんでいた方が冥土のみやげになっていいかも・・。思い出はいっぱいあった方がいいですよね。向こうの友達にも教えられるかもしれないから。「こんなことしてきた!」ってね。

2006/7/7  15:37

投稿者:練習菌

飛蚊症でも角膜は使えますね。
高速3フィンガーが出来る黄金の右手とか、
どんなコードも押さえられる白銀の左手とかは使えま
せんかねえ?
ビールをあっというまにオシッコにしてしまう腎臓は
もってるんだけどなあ。

2006/7/7  9:32

投稿者:りんごママ

今テレビ朝日でこの話題やってます。(記事のこと)
最近の取材でしょうか。


http://moon.ap.teacup.com/kimikagesou/

2006/7/6  22:38

投稿者:島人

そうですね。もし急死したら、内臓やら使えるものがあったらあげてもいいかなぁ。
でも、使える臓器あるかなぁ。腎臓は副腎が石灰化してるみたいだし、コレステロール値高いから循環器もどうなんかわからないし・・・。
目は飛蚊症や乱視あるし使えるのかな?

2006/7/6  22:03

投稿者:りんごママ

私は息子に、「私がガンになったら告知してね。急死したら骨髄・内臓あげていいよ。健康診断ひっかかったことないからきれいだから。」と言ってあります。
何も残すものがないので、この体だけが財産なのだ。理系(生物)の息子なら遺志をついでくれるでしょう。

そしたら姪のお友達のお母さんが34歳で急死してびっくり!
順番じゃないんだよね。(合掌)

http://moon.ap.teacup.com/kimikagesou/

2006/7/6  0:05

投稿者:りんごママ

ボケ始める前に、書面にて。が正解。(^0^)

http://moon.ap.teacup.com/kimikagesou/

2006/7/5  22:23

投稿者:島人@管理人

あ・・・・。ゆうさん、りんごママさん、島人はまだ死にませんよ。(^^;
親戚は多いから、まぁなんとかなるでしょう。ボケ始めた頃に甥っ子にでも「ワシが死んだらこの土地おまえにやる!」ってことでOKでしょう。(笑)


http://sky.ap.teacup.com/simabito/

2006/7/5  22:14

投稿者:ゆう

そうですよ、村下さんはもっともっとギターを弾きたかったに違いなかったでしょうから、島人さんが変わりにずっと弾いてあげなくちゃ、島人さんがギターを弾く傍らで見てますよ。にこにこ顔で。

2006/7/5  22:00

投稿者:りんごママ

核家族化が進んでいる都会でも、同様のケースはあります。

こんな時お仕事では遺言をすすめるわけですが、聞くのもいやですよね。

死んでから困るのは周りのもんです。実際、親も配偶者も子もなく、兄弟の子供たちが相続人でたいへんだったケース遭遇しました。

おちおち死ねないから長生きしてね。

http://moon.ap.teacup.com/kimikagesou/

2006/7/5  21:54

投稿者:りっ

うちのお姉夫婦も2人きりなんです。
昔はいじめられたけど、年とるとやはり
弟妹が頼りみたいです。

うちの田舎もそうですね、空家が増え、手入れ
されてないお墓があちこち。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ