2006/5/5

村下孝蔵大会に参加  

クリックすると元のサイズで表示します広島「楽座」で開催された『村下孝蔵大会』に参加してきました。楽座での村下孝蔵大会は今年で3回目。昨年までは少人数での密会的なライブだったのですが、なんと今年は大入満員でのお祭りライブ状態となりました。唄う会つながりの仲間達も遠方からたくさん参加してくれました。また今回は、店主のI澤さんはじめ地元広島の音楽仲間のみなさんのご尽力により、広島時代の村下さんと苦楽を共にしてこられた方達にも多数ご出席いただき、ここでしか聞けない貴重なトークも聞かせていただけました。おかげで今回は、あらためてファンや旧友のみなさんの暖かさを感じることができたライブとなりました。





クリックすると元のサイズで表示しますさ〜て!いよいよライブスタートです。1番手は「山立」のお二人。山立は呉市で活躍中の人気バンドで、編成人数によってバンド名が変わりますが、地元では有名な村下孝蔵唄いです。古くから村下さんとも親交があり、ボーカルのY井さんの村下さんへの思いは並々ならぬものがおありで、今年6月に初めて呉レンガ通りで追悼ライブを開催されるそうです。その村下さんへの思いが込められた歌声には、やはり説得力があります。「いつ聴いてもうまなぁ〜。」と思う島人です。

クリックすると元のサイズで表示します2番手は山口からご参加の「ひとP&いくぴょん」のお二人。ひとPさんとは岡山の大森さんのHPで知り合い、今回お誘いさせてもらったのですが、お話を聞いてびっくり!ご本人の許可を頂いていないので、ここでは詳しくは書けませんが、こちらのお二人もプロデビュー前の村下さんと親交のあった方々で、いろいろと貴重なお話を聞かせていただけました。演奏を聴いていて「やけに上手いなぁ。」と思っていたら、やっぱり只者ではなかったのですね。。。。

続いて、山岡さん、よりよりさん、ぴーくん、ハヤシ君の順で出演。やはりそれぞれに気持ちが込められてるから、素晴らしい演奏でした。それを聴きながら、ちょっと焦り気味の島人でした。
クリックすると元のサイズで表示しますぴーくんです。今回のギターはLL−23。繊細なフィンガーピッキングの澄んだサウンドは、ぴーくんならではの素晴らしい演奏でした。
緊張してるといいつつ、確実な演奏と歌はさすがですね。


クリックすると元のサイズで表示しますこちらはハヤシ君。今回のライブのためにエレアコを購入するほどの気合の入れように驚きましたが、そればかりでなく演奏の方もかなり腕を上げてましたね。1曲入魂。『春雨』をフラットピックで弾いちゃうとは素晴らしい。若くてイケメンなもんだから、イントロが始まった途端に客席からも黄色い声が飛んでましたね。ちょっと羨ましかったぞ。
山岡さんと、よりよりさんの写真はうまく撮れなくて、ごめんなさい。

クリックすると元のサイズで表示します21時を少し過ぎたあたりで島人の出番です。電車の時間の関係で中座される方もちらほら。。。。時間も少し押してるのでサクサクやって次の広島歌人バンドにつなげなければなりません。アセアセ。。。
今回はシャープ兄さんのご厚意により広島歌人バンドのドラマーのK岡氏にお願いしてもらって『何故か』にパーカッションを入れて頂くことになった。初対面の方とぶっつけ本番なので少々不安もありましたが、そこはさすが歌人バンドのドラマーですね。焦って少々ハシリ気味の島人の演奏をうまくフォローしてくれました。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します最後はいよいよシャープ兄さん率いる『広島歌人バンド』の登場です。やっぱ迫力が違いますね。バンドメンバーがほとんどプロ並ですから、鳥肌が立つようなサウンドに会場は一気に盛り上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

フィナーレは、参加者全員による『初恋』大合唱です。
今年は『村下孝蔵大会』というより『村下孝蔵同窓会』となったオフ会ライブでした。すげぇ〜〜楽しかった!


0



2006/5/9  22:44

投稿者:島人@管理人

>そして村下さんの歌は、忘れ去られるのではなく、むしろ発掘されてきている、という気さえします。

発掘されてきてる・・・。若い世代の、ちょうど平川地一丁目のお二人の歌を聴いてる人達にとってはぴったりの表現かもしれませんね。
地元のライブハウスで「じゃあ次は、『松山行きフェリー』を歌います。」って言ったら、若い子が敏感に反応してくれることには驚きと喜びを感じてる島人おじさんです。(笑)


http://sky.ap.teacup.com/simabito/

2006/5/9  9:05

投稿者:りんご

そうなんですよね。村下ワールドはずーっとあったのだと思いますが、現役時代ファンクラブがあったという話は聞いたことがありませんでした。また私事ですが、これまでは村下さんが亡くなられた悲しみの方が大きくてなかなか立ち直れなかったのですが、ようやく人前で村下さんの歌を聴いたり歌えるようになりました。もしかしたら似たような心境の人も多いのではないでしょうか。
そして村下さんの歌は、忘れ去られるのではなく、むしろ発掘されてきている、という気さえします。素敵なことですね。

>今後は彼のような、ネットをやってないけど村下孝蔵をもっともっと知りたいってファンの方たちと交流できるようなイベントなどできないものかなぁ?と考えています。

私もまだ知らない歌がたくさんあります。ぜひそんなイベント企画したいですよね。

2006/5/8  11:50

投稿者:島人

今回うれしかったことは「もっともっと村下孝蔵の歌を聴きたい!」っていう潜在的なファンが、まだまだたくさんいらっしゃるということと、「もっともっと多くの人に村下作品を聴いて欲しい。知って欲しい。」というギター弾きがたくさんいることが分かったことですね。
インターネットばかりやってると、ついついこの中の世界だけがすべてだと錯覚してしまいそうになりますが、実際はネットの外の世界のほうが広くて深い村下ワールドなんだと感じました。
今回のライブ終了後に、たまたまお話しした男性は「インターネットとは無縁なので、村下さんに関する情報は新聞や雑誌やタウン情報誌からしか得ることができなくて、今回もたまたまタウン情報誌を見て参加することができた。」と仰ってました。それでも携帯電話はお持ちだったから「村下孝蔵モバイル資料館」のURLを教えてあげれたわけですけど、そんなファンの方がまだまだ沢山いると思うんですよね。
今後は彼のような、ネットをやってないけど村下孝蔵をもっともっと知りたいってファンの方たちと交流できるようなイベントなどできないものかなぁ?と考えています。

2006/5/8  8:11

投稿者:りんご

なにか、村下ワールドがはじけてきそうな予感がしますね。来年もそうですが、今年のこれからに期待ワクワク。全国の村下伝道師さんにエールを送りたいです。(黄色い声はもう出ないので、山吹色?)

2006/5/7  13:16

投稿者:島人

想像以上の参加人数だったんで窮屈な思いされたかもしれませんが、みなさん楽しそうでした。来年は、りんごさんもケロリンも参加してね〜。

2006/5/6  22:55

投稿者:ケロリン

 広島は大盛況だったようですね。私も来月の松山(今年もあるんですよね?)には参戦するつもりです。島さんギター弾いてね♪

http://blog.zaq.ne.jp/kerorin/

2006/5/6  22:00

投稿者:りんご

島人さん、ご報告ありがとうございました。皆さんの演奏や歌声が聞こえてくるようでした。はぁ〜行きたかったです。

>おかげで今回は、あらためてファンや旧友のみなさんの暖かさを感じることができたライブとなりました。

こうした輪の広がりができるのが、うれしいですね。ほんとによかった、よかったです。
この報告を見るせいか、アクセスが上がっていますね。もうすぐ100です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ