2019/4/15

雨中のハイキングも楽しいものだ  短歌

昨日は、大学OB会の歩こう会のメンバーと六甲山へのハイキングを楽しんだ。行き先は、山頂ではなく風吹き岩とロックガーデンである。芦屋川駅から川沿いに北上し途中から城山に立ち寄るコースとなっている。

芦屋川駅に集まったメンバーは約20名、平均年齢はゆうに70歳を越えている。天候はまだ曇りだが、歩き始めたら予報どおりの小雨が降り出した。用意のいい人は既にレインコートを着ているが、私はしばらく傘でしのぐことにする。

六甲山にはこれまで何度も登っているが、城山に立ち寄るのは初めてである。舐めていてはいけない、住宅街を抜けてすぐの登りはなかなかの急勾配である。初めての休憩場所でレインコートを取り出して着る。

駅からすぐの川沿いの桜もまだ見ごろであったが、山道に咲く山ツツジも実にきれいな紫色をしていて見応えがある。リーダーによれば名はミツバツツジと言うらしい。城山から高座の滝までの降りはかなりの急勾配で、慎重に足場を確認しながら降っていく。

高座の滝で早めの昼食を摂り、本格的な岩場を登り始めてすぐ雨が激しくなってきたため、リーダーの判断で登山は中止となり、下山を開始し芦屋川駅へと向かった。

結局、終日降ったり止んだりの天候であったが、雨に濡れたきれいな花を眺めながらの楽しい1日であった。

山ツツジのトンネルを歩く
クリックすると元のサイズで表示します

芦屋川沿いの桜並木
クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ