2019/4/6

母校の新入生に同窓会のPRをしました  短歌

昨日は好天のもとあちこちで入学式が行われていたようだが、私の母校の大学でも入学式が行われ、4つの学部合計で1000名余の新入生が入学をした。学内には全員が入れる施設がないので、私鉄のターミナル駅の近くにある市民会館で午前中に入学式が行われ、午後からは各学部ごとに講義の受け方や学生生活などに関するガイダンスが行われた。

私の卒業した経済学部では、今年は約330名の新入生が入学してきたのだが、私はそこで彼らを相手に20分ばかり時間をもらい、同窓会の紹介とPRをさせてもらった。これは昨年の9月に後期のガイダンスにあたって3回生を対象に話をさせてもらったことに続いて2回目の経験である。これまでは同窓会長がやっていたことであるが、昨年からは私にお鉢が回ってきたものである。

黒い真新しいスーツ姿の新入生男女が階段教室をぎっしりと埋め尽くしている。当然ながら、みんなの目は真剣でひと言も聞き逃すまいという姿勢で聞いてくれるので、こちらも自然に緊張する。

入学へのお祝いのことばに続いて私は、パワーポイント12枚を使って、同窓会である「柑芦会(こうろかい)」の会員数が25,000名であることや、海外を含み全国に28の支部組織があることや、卒業生の中でも経済界やマスコミや政界で活躍する(またはしていた)著名なOB、OGの例や、同窓会が行っている「学生支援活動」の紹介をした。実は私はその学生支援委員長であり、大阪支部の副支部長を兼務しているのである。

併せて私は彼らに対して、「卒業後は正解が一つだけとは限らない世界で仕事をし生きていくことになるので、自分自身で課題の解決方法を考えられるようになることを学生生活の目標の一つにすること」を要望した。そして、そのために参考になりそうな本を2冊紹介しておいた。それらは、「○に近い△を生きる」(鎌田實)と「ラッキーをつかみ取る技術」(小杉哲哉)である。

みんなが有為な人材に育つことを祈念して話を終えた。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ