2019/3/31

雑感「センバツ高校野球」  短歌

平成最後のセンバツ高校野球大会が甲子園球場で開催されている。今年は出身地の和歌山から2校も出場しているだけでも関心が高かったのだが、今日から始まった準々決勝の8校の中に何と和歌山の2校とも残っているのには正直驚いた。第1試合の市立和歌山高校は残念ながら千葉県の習志野高校に惜敗してしまったが、第4試合の智辯和歌山高校には期待している。

市立和歌山高校は、私が高校生であったころには市立和歌山商業高校(略称、市和商)という名前であった。53年前には、後に阪神タイガースに入団して2000本安打を放ち名球会入りを果たした藤田平選手を擁した市和商チームは甲子園で準優勝を果たした。

藤田平君は、私とは小学校と中学校で同級生であり自宅も比較的近かったので、よく知っている人物である。小学校時代は狭い校庭で野球をやったら彼の打球だけは外野手の頭上をはるかに超えて校舎の2階の窓ガラスをよく割っていたのを覚えている。それがきっかけで、彼がプロ野球に入ってからはひいきチームを南海ホークスから阪神タイガースに変えたものである。

一方の智辯和歌山高校は、私が和歌山市に住んでいる時代にはまだ存在していなかった。奈良の智弁高校の弟校として後に和歌山市と海南市の境目あたりに設立されたらしいが、今では野球だけでなく有名大学への進学実績も高いと聞いているので、明治の昔から文武両道で鳴らした和歌山中学の歴史を継ぐわが母校の県立桐蔭高校の十八番を奪われた感もある。

いずれにしても、グラウンドやスタンドに溢れる高校生たちを見るにつけ、若いということは素晴らしいなあとつくづく思わされる。そして、自分にもあんな時代があったのだなあと、しみじみと感じさせられる。

人生100年時代。そこまでは無理だとしても80年以上は生きられそうな現代、残された時間をどのように生きるのか、どうせなら悔いのない日々を送りたいものと改めて思い定めた。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ