2019/3/14

交通事故の後日談  短歌

先日、40年ぶりくらいで交通事故に遭ったことはここに書いたとおりである。事故そのものも腹立たしいできごとであったし、相手側の不注意のため愛車が使えず大いに不便を感じていたのだが、関係者のその後の対応については、さらに私を怒らせるひどい有り様であった。

先ずは加害者だが、あれから14日も経つのにハガキや電話の1本もない。普通の神経なら、車の修理中は大好きな愛車に乗れずモータースが乗ってきたポンコツの代車を使っている不便を気遣うとか、ひどい衝撃だったが身体に変調はないかとか、少しくらいは心配にはならないのだろうか?

次に、修理工場のモータースである。マイカーを引き取りに来た時に、「お宅に頼むかどうかは料金と仕上がり時期を確認してからにする」と伝えてあったのだが、「だいたい1週間くらいでしょう」と言っていたにもかかわらず5日経っても何らの連絡がないので電話をしてみたら、「もう部品も取り寄せて修理にかかっていますよ。仕上がりはあと10日くらいでしょう」とぬけぬけと言うのである。

開いた口がふさがらなくなってしまったので、保険会社に電話をして実情を伝えたら、そういう実情は何にも把握していない。思わず大きな声で怒鳴りつけてしまったら、相手は当方の怒りの内容よりも怒られたことそのものへのお詫びだけに終始している。全く頼りないというか情けない始末である。

そんなこんなの末、善処を依頼して待っていたら、ようやく本日愛車を引き取ることができた。修理工場は我が家からは車で1時間かかる場所にあるのだが、たまたま今日は妻の定期検診でいく病院がその近くなものだから、届けに来るのもたいへんだから私のほうから引き取りに行ってあげますよ、と言って、ようやく間に合わせてもらったのである。

引き取りに行ってまた驚くようなことがあった。前後のドアやその後ろのタイヤハウスはきれいに直っていたのだが、右のドアミラーを操作したら下向きには動くが上向きには動かない。それを指摘したら慌てて元の部品に交換して、何とか元どおりに動くようになった。何のために新品に交換したのか、まるで意味がない。

何につけても、こういう三流の人たちとは一緒に仕事はしたくない、とつくづく感じてしまった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ