2019/2/12

母の四十九日法要を終えて  短歌

先日、年末28日に満93才で亡くなった母・保子の四十九日法要を自宅で無事に終えることができた。12月31日の葬儀の時と同じく今回も交野市のお寺から住職に来てもらい、骨折で入院中の妻の節子さんが一時帰宅したのに加え、同居の長男・和也、それに和歌山市内に住む弟夫婦が加わった5人が参列して行ったものである。予め作ってあった正式な位牌に入魂してもらったので、それを正式な仏壇へ移して法要は終わった。

それにしても、近日は不思議なことが起こったものである。四十九日法要までの仮の仏壇でのこと、ある日いつものように巻き線香に火を点けてお参りをしていた時、その線香がボーっと燃え上がったのである。いつもどおりに線香の端に着火ライターで火を点けただけなのに線香全体が急に燃え上がったので驚いて消し止めた。

その時は、仮仏壇の両側に置いていた生花への水やりが十分でなかったせいか萎れるなど手入れが不十分なことや、仮仏壇を本来の仏壇と向かい合わせに設置していたためそれぞれにお参りする際は一時的にお尻を向けることになるのを気にしていたのだが、母親がそれらのことに腹を立てて怒りを示したのかなあ、と考えていた。

ところが四十九日法要の前日に、その準備のため、気になっていた仮仏壇を正式仏壇の近くに寄せ90度の角度の位置に移動し、併せて萎れた生花を新しいものに交換してからお鈴を鳴らすと、それまでは短くコーンとしか鳴らなかったものがその日からはチーーンと気持ちのよい響きを残すようになったのでこれまた驚いた。もちろん翌日の法要時もそのあとも気持ちよい響きは続いている。私はそれで、ああ母親も「それでよし」と納得し満足してくれたのかなあと感じたものである。

法要のあと弟たちにそのことを話したら、皆も「そうかもしれないね」と同意してくれた。弟とは、「我々を産み育ててくれ、大人になってからも様々な形で心配をかけたにもかかわらず見守ってくれた母のことを忘れずに、これからも仏壇やお墓をきちんと守っていこうな」と誓い合った次第である。

非科学的な受け止め方であることは承知しているものの、亡き母親に対する我々の接し方を改めて考え直させるには十分なできごとではあった。合掌。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ