2018/8/29

JR北海道の大奮起を望む  短歌

10日ほど前の新聞に国からJR北海道の記事が出ていた。内容は、経営再建中の同社に対して19〜20年度に400億円の財政支援をするというものである。周知のとおり、1987年に国鉄が民営化され、JRが発足してから丸30年が経つ。この間、同社はずっと赤字続きであり、国からは累計で1兆4000億円を超える財政支援が行われてきた。

JRの発足時に、北海道、四国、九州の3社は「JR3島」とも呼ばれ、当初から経営の難しさが指摘されてきた。しかし、JR九州は様々な施策を打つことによって数年前には、難しいとされてきた上場まで果たしている。先日その会長である唐池恒二氏の講演を聞く機会があったが、氏は「JR再建の真のポイントは労使問題である。」と喝破されていた。九州においても同様な課題はあったのだが、適切な危機感を共有することによって乗り切ったのである。

収支改善のためには、コスト削減と増収策が必要となるが、そのいずれもが遅々として進んでいない。例えば最低限の施策である赤字路線のバス転換なども周辺自治体との調整が難航して進んでいないし、九州のような新しい列車や乗車プランの企画なども進んでいない。遊休地を生かした不動産事業や飲食事業など、鉄道以外の事業の企画も耳にしたことがない。

それどころか、いくつかの鉄道事故の原因は従業員の怠慢や連携不足によるもの、つまりは過去の悪習を振りきれないなど労使問題が根底にあることが明らかとなった。やるべきことをやっていないからである。ここは鉄道事業の専門家よりも労務問題のプロを送り込んで従業員の意識から根こそぎ革新するしかないのではないだろうか。JR北海道の大奮起を強く望むものである。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ