2018/7/22

文科省は一体何をしているのか!  短歌

文科省幹部の子弟の有名医大への裏口入学が見つかった。甚だしい公私混同と言わざるを得ない。若者に対する教育、育成を司る役所のしかも幹部として、国民の期待と付託を裏切った行為は許せないものである。文科省と言えば天下り問題でも世間の批判を受けたばかりなのに、まだ懲りないのだろうか?こうなるともう彼らの神経がマヒしているとしか思えない。

その文科省が大学に対してはえらそうに強力な指導を行っているのはちゃんちゃらおかしい。少子化対策の一つとして進める文科省の施策は、86ある国立大学の再編統合を進める01年の「大学の構造改革の方針」としてアンブレラ方式と呼ばれ、様々な形での再編統合を目指している。この一環として、04年には国立大学の独立行政法人化が施行された。しかし現実は、法人化してからのほうがそれまでより一層文科省からの縛りは強化されているのが実態である。

確かに少子化が現実のものとなり、何らかの対策が必要なことには間違いはない。しかしこの少子化は何も最近になって急にわかった問題ではない。「2018年問題」などと呼ばれ、ずいぶん前からわかっていたことではないか。なのに文科省は大学や学部の新設や定員増を許可し続けてきたのである。こうした実態を引き起こしておきながら、今さら再編統合もあるまい。その政策には一貫性が微塵も感じられない。

矛盾だらけの文科省こそ、一旦解消して再編すべきではないのか?日本航空に学ぶわけではないが、例えば民間企業での真の経営者経験のある人物をそのトップに迎えるなどにより、再出発を図ってもらいたい。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ