2018/6/11

「プランク」という腹筋強化法を見つけた  短歌

骨折以来、腰痛が治まっていない。そこで腹筋を鍛えるためにもスクワットを続けているが、なかなか効果は表れていない。そんなとき、ある友人から「プランク」という腹筋強化法のことを耳にした。

これは「アイソメトリック」と言われる方法の1つで、関節を動かさず固定したままで筋肉を収縮させる腹筋法である。効果としては腹直筋と腹横筋の強化にいいらしい。やり方は、うつ伏せになって肩幅に肘をつき、つま先立ちして腕立て伏せに近い格好でできるだけ長く体勢を維持するものである。気をつけるのは、身体をできるだけまっすぐ一直線に保つことである。

これを、最初は20秒間から始めて次第に30秒、60秒と増やしていき、3〜5分間くらいまでを目標に取り組むものである。できればその際に「ドローイン」の呼吸法も併用して腹筋を意識したやり方にするとさらに効果が高いらしい。慣れないと60秒でも苦しいが、続けることにより何とか時間を延ばすことはできそうだ。

スクワットにおいてもそうだったが、腹筋運動においてもやはり「正しい方法」を行うことと、続けることが大切であることを再認識した。これで親友達との山歩きが楽しめる日が少しでも早く来ることを期待して、続けることを決意した。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ