2017/10/31

ふるさと考  短歌

昨日からふるさとの和歌山市に来ている。先週は大学スタッフとの意見の食い違いというか私の考えが理解されなさすぎてほとんど切れかかっていたせいで、大学への寄付要請のための企業訪問予定が停滞していたため、それを取り戻すため一泊で和歌山市に来ている。

1日めは何とか無事に回り終えた。それでも地元大学に対する一般企業の反応は冷たくまた小さい。残念なのは、大学当局とりわけ事務部門の危機感が薄く、地元からの大学に対する厳しい見方を適正に認識できていないことが挙げられる。

それはともかく、久しぶりにふるさと和歌山市に泊まりホテルの近くの居酒屋に一人で入り飲んでいると、懐かしい和歌山弁だけでなく懐かしい人の名前や話題が次々と出てくるのが嬉しいではないか。

例えば、プロ野球で2000本安打を放ち「名球会」入りを果たした元阪神タイガースの名選手、藤田平選手の話が隣の若いお客さんから出たりする。思わず「彼は小中学時代の僕の同級生だ」と叫びたくなる場面が多い。その他にも、「あるある」と言いたくなる話題や懐かしい話が次から次へと続くからたまらない。それらを聞いていたらついついお酒のピッチも進むというものである。

一方では、若者達の会話からはあの独特なイントネーションの和歌山弁があまり聞かれないように感じた。かく言う私も和歌山から離れて長いので、余人のことは言えた義理ではないが、やはりテレビなどの影響は大きく、方言も次第に消えつつあることを身にしみて感じた。

70年に届く人生の中でふるさとで生活したのはたかだか22年しかないのだが、細かいことはともかく、私は理屈抜きでふるさとが好きなんだなあと再認識した。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ