2017/9/22

高速道路が新宮まで開通していたぞ  短歌

今日は母校の和歌山大学の校友会のイベントがあり、私も世話役として南紀の田辺市まで出かけてきた。そのついでに、田辺や白浜の企業を回って大学への寄付をお願いするため、今回は電車ではなくマイカーでの移動となった。

今年の4月にも家族全員で白浜のサファリパークへマイカーで来たので、高速道路が田辺まで開通していることは知っていたのだが、道路標識を見ると道はどうやら白浜どころか新宮まで開通していることがわかった。

和歌山の中・南部は高速道路の開通が遅く、陸の孤島と言われて久しいが、どうやらそれもようやく解消したようだ。JRの紀勢本線の全線開通も本州の中では一番遅い方だったが、道路の方も同じく一番あとの方まで取り残されたようだ。

鉄道においても道路においても、和歌山がこれほど取り残されたのは、何も地理的な理由だけではなさそうだ。原田伊織氏の「明治維新という過ち」などによれば、明治政府は官軍派の県と徳川幕府側の県には明らかな差別をしたようで、一例としては原発の設置された場所からみても明らかなようだ。

和歌山市は、明治の初年には人口が全国で6番目であった。それが40万人を切るほどに減少したし、和歌山県の人口も数年前に100万人を切った。明治維新から既に150年が過ぎたのに、まだ明治政府の亡霊がさ迷っているのは、何とも嘆かわしいかぎりである。
0
タグ: 白浜 和歌山道 新宮



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ