2017/7/19

日野原重明医師の大往生  短歌

昨日、聖路加病院名誉院長で医師でもありたくさんの著書も残した日野原重明さんが亡くなった。105才であった。良く知られているが、氏は「生活習慣病」ということばの創始者であり、予防医療や終末期医療の普及に尽くされた。京都帝国大学医学部を卒業後、内科医として同病院に勤務の中で51年から1年間アメリカに留学し、病巣だけではなく患者の心身全体を考える「全人医療」を実体験して、帰国後に様々な改革を提案したり実践したりした。

54年には、民間病院としては初めての「人間ドック」を開設、定期健診による病気の早期発見、早期予防の医療を定着させただけでなく、「成人病」を「生活習慣病」と言い換えるよう提唱した。そのことばと概念は現代では広く定着している。

2000年には75才以上の元気で自立した高齢者でつくる「新老人の会」を発足させ、100才を超えても現役を通す姿は、高齢化社会を生きるモデル像ともなった。医療活動の傍ら、著作活動にも精励し多くの著書を残したが、特に2001年出版の「生き方上手」は120万部を超えるミリオンセラーとなった。

その日野原さんも、学生時代には結核で1年間休学の経験があるそうだ。そういう実体験があるからこそ、健康の大切さを身を以って痛感し、その後の医療活動にも活かすことができたのかもしれない。

医師にも様々な人がいるが、同じく内科医で松下幸之助の主治医を務めた横尾定美さんも長寿であった。新潟出身の横尾先生は日本酒が大好きであったが、決して度を過ごすことはなかった。ゴルフも大好きであったが、真夏や真冬には自重されていた。またちょっとした風邪症状を感じても、大事を取ってすぐに後輩の内科医に診察してもらい、早めの治療をされていた。

日野原さんも105歳まで生きられたのだから、大往生と呼べるだろう。「有言実行」の偉大な医師のご冥福をお祈りしたい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ