2017/7/13

学習する力  短歌

AI(人工知能)がちょっとした話題になっている。最近のニュースで一番目立ったのは、将棋や囲碁でAIが人間の名人を破ったことである。プロデビューから破竹の29連勝を記録した将棋の藤井聡太4段もAIを活用してあそこまで強くなったそうである。

先日の新聞の中で、AIの最強ソフトを開発した人の話が載っていた。それによると、AIのソフトも最初は人間には歯が立たなかったそうだが、ある段階から急に強くなっていったそうである。その「ある段階」というのは、AI同士を戦わせてからのことである。AI同士を戦わせてみると、お互いに自分にはない相手の優れた点を採り入れて、どんどん強くなっていったのである。つまりは「学習」したのである。

これはつまり、あたかも人間が自分の頭で考えること、他人から学ぶことと同じではないだろうか。もし人間が自分で考えず、他人から学ぶことをやらなかったとしたら、AIに勝てる訳がない。何しろその処理能力は今でも人間の何億倍もあるのだから。

将来的にも人間らしく存在し、ロボットやAIに仕事を奪われないようにしたいなら、今何才であろうと関係なく、今日から「学習」「再学習」するように行動を改めなければならない。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ