2017/6/25

賢島グルメツアー  短歌

昨日は曇り空であったが、妻の節子さんと二人で海鮮グルメを楽しむために三重県の賢島まで出かけてきた。今回の旅は近鉄の無料乗車券をいただいたので、それを利用しての日帰り旅である。1週間くらい前までにはネットで特急の座席指定と、海上レストランの海鮮バーベキュー「活伊勢海老の残酷焼き」の予約は済ませておいた。

先ずは鶴橋まで出て、そこから賢島までは近鉄の特急である。鶴橋を出たら次の駅は伊勢市であるから、2時間半くらいの乗車時間のうち1時間半はノンストップという訳である。こんなのは新幹線でも経験がないくらいの長時間ノンストップである。(「のぞみ」でも名古屋から新横浜まで1時間20分くらい)

土曜日のせいか乗車率はまずまずで、家族連れや若い女性のグループの大半は伊勢市や宇治山田駅でかなりが下車する。どうやら伊勢神宮とその周辺への旅行なのだろう。それを見送った我々は終点の賢島駅で下車する。目的の海上レストランは駅から歩いて5分の近さである。

店に着いて名前を告げると、目の前に活の大あさりやサザエ、バタ貝などが出され、早速焼き始める。続いて待ってましたとばかりに、足やヒゲをバタバタと動かしているまさに活の伊勢海老が出てきた。鉄の串に刺されたままコンロに載せられるとなおさら足をバタつかせるが、手慣れた女性店員にしばらく押さえつけられていると、すぐに動きは止まる。名前どおりの「残酷焼き」である。生ビールと冷酒で味わう海鮮グルメはたまらなく美味しい。

食後はすぐ近くの港から「賢島エスパーニャ・クルーズ」と銘打った50分間の阿児湾内クルーズを楽しむ。静かな湾内には、真珠や鮮魚の養殖の網が所狭しと並んでいる。下船後は、これも予約してあった近鉄の観光特急「しまかぜ」に乗車する。1日に大阪、京都、名古屋との間をそれぞれ1便ずつしか走っていないレアな特急である。通常の特急料金のほかに特別料金がかかるが、それでも縦に3列しかない革製の特別シートは新幹線のグリーン車よりも座り心地が良い。

こんな少し贅沢なゆったり旅行なら日帰りでも十分楽しいね」とは妻の節子さんの感想であった。私自身は往復の車内で持参したスコッチを水割りで楽しんでいたせいか、少々酔っ払って疲れた旅ではあった。

 海鮮グルメ「活け伊勢海老とサザエ、大あさりほか」の網焼き
クリックすると元のサイズで表示します

 近鉄の観光特急「しまかぜ」
クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ