2017/4/10

ブログの芸風も変えよう  短歌

本年の初めから趣味やボランティアや仕事において「断捨離」を始めているが、その成果として自由になる時間が増えたことがある。これは難病を抱える妻との時間を共有するためにはありがたい成果である。それはまた自分自身にとっても、これまでの様々な課題を整理したり、書類や本類の「断捨離」をする時間にも充てられるので、ありがたい限りである。

最近の私の行動の傾向の変化としては、時間ができたというほかに、色々なことへの考え方ややり方が変わってきたこともある。例えば、これまでなら何の考えもなく電車やマイカーで出かけていた場所へも徒歩や自転車で行くようになったことなどがそれである。速足で30分くらいの生駒駅やその駅前のスポーツジムへ行く際も、最近は徒歩で行く場面が増えた。

2009年4月から始めたこのブログも、昨日からは9年目に入った今、ここいらで「芸風」を変えてみようと思う。そもそもは学び始めの短歌が上達するように大勢の目に触れてもらって恥をかくために始めたブログなので、当初から7年間くらいは毎回2首ずつ掲載していたが、この1年間くらいは1首ずつとなっている。しかもその題材は、ブログの本文とは切り離した短歌になってきている。

しかし今後はここでさらに大きく舵を切り、短歌なしの単なる日記に変えようと考えた。8年前から所属していた短歌の会も昨年末に退会したことだし、創立メンバーの一員として21年続けた登山の会も同じく年末に退会し同い年の親友たちとは我々世代に合わせた「ドリカム登山」の計画も進めている今、様々な面でやり方を変えるのも悪くはないだろう。

ということで、短歌のないブログは前回分から発進した。気が向いた時には短歌や俳句を入れることもあるだろうが、今後はそういうことにはこだわらないことにする。2009年から2014年9月までのブログは、「世界に1冊しかない自分だけの本」として3冊に分けて製本したが、芸風転換直前までの2年半の分も第4号の本として製本にかかろう。

そんな気持ちで出かけた昨日の奈良市の佐保川堤の桜は、その名に恥じないくらいの美しさであった。最高の見ごろの花は、このブログの再出発を祝ってくれているようであった。

 佐保川の桜@みごとな桜
クリックすると元のサイズで表示します

 佐保川の桜A両側から迫る桜
クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ