2017/2/19

卒業50周年の同窓会  短歌

昨日は高校卒業50周年記念の学年合同の同窓会が和歌山市内のホテルで開催された。母校は和歌山県立桐蔭高等学校である。数え年で言えば古希にもあたるこの年に同窓会をやろうという話が出たのはほぼ1年前であった。その後は10回以上の幹事会議を経てようやく実現したのである。

当時の同窓生は、55人クラスが14クラスで総勢758名であったが、そのうちわかっているだけでも物故者が62名、住所不明者が113名で、住所がわかった人は583名にのぼった。そのうちの33%にあたる194名が出席してくれた。これは23年前(我々が46歳のころ)に開催された同窓会の195名に匹敵する人数である。

私たちの卒業した1966(昭和41)年という年は、終戦後20年がたち日本という国がみごとな復興を果たし「いざなぎ景気」と呼ばれるほどに実質経済成長率が年平均10%を超える年が20年近く続いた時代であり、冷蔵庫、洗濯機、白黒テレビが「三種の神器」と呼ばれた時代であった。ビートルズが初来日したのもちょうどこの年であった。

そんなわけで、23年ぶりあるいは50年ぶりに集まった同期生は、昔を思い出し、現在を話し、未来を語り合った。余興としては、「桐蔭高校の今」「卒業アルバム」という2編のスライドショーを投影したり、「今だから話したい」という飛び込みのスピーチも数件紹介された。私はと言えば、その幹事団の代表として開会の挨拶とスライドショーの操作を担当したので、それが終わるまでは緊張しきっていたが、終わったあとは思い切り飲むことができた。

2次会にも90名くらいが残り、カラオケや歓談を楽しんだ。その後の3次会では途中からウトウトと寝ている私がいたが、比較的早い目に市内のホテルに戻って爆睡をしたので、今朝の目覚めはよかった。和歌山市内は快晴の空であった。

「高校を出て早や五十年を経て紅顔の友 古希を迎へり」

 同窓会の様子
クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ