2016/7/27

「天下茶屋」という駅  短歌

両親の出身地といい、最近の顧客先といい、何かと大阪南部と関わりの深い私だが、これまでは「天下茶屋」という駅とはあまり関わりがなかった。しかしながら最近は、4月から母校の和歌山大学で基金室の仕事を特任の職員として担当することになり、同窓会の事務所のある谷町四丁目に立ち寄ってから自宅へ帰る際の乗り換え駅としてこの駅を使う機会が増えた。

まず「天下茶屋」という名前は特徴的である。その由来を調べてみたら、やはり太閤秀吉と関係があった。ここは古代から「天神ノ森」と呼ばれる鬱蒼とした森であったが、千利休の師にあたる武野紹鴎がここに湧く水のよさに着目して茶室を建てた。天正年間には、楠木正行の子孫が道を開いて茶屋を出していたところ、住吉大社への参拝のあと立ち寄った関白秀吉が千利休に茶を立てさせたが、その味の良さを誉め茶屋の主に褒美を与えたことから「殿下茶屋」そして「天下茶屋」と呼ばれるようになったと伝わる。

さて天下茶屋駅だが、南海電車の主要駅であるほか、阪急電車と接続した地下鉄堺筋線の南のターミナル駅でもある。そのせいか、駅前は意外に広く商店街もなかなか賑わっている。ターミナル駅前によく見られるように、ここにも立呑屋があるので、思い切って飛び込んでみたところ、つまみの品々はまずまずの味である。料金もなかなかリーズナブルであり、満足のいくものであった。

ふと考えたが、人間というものの行動パターンというか行動範囲は実はかなり限られていて、いつも同じルートを通り同じ景色しか見ていないなあと気づいた。たまには、いつもと違う場所に行ったり、違うルートを通ったり、足を延ばしてみるのもいいものだと感じた。

「梅雨明けて本格シーズン来たるぞとうごめき初めし山男かな」

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ