2016/5/26

三菱自動車はなくなって当然  短歌

三菱自動車がまた揺れている。それもそのはず、この会社は14年前にもトラックのタイヤハブの破損により大型トレーラーからタイヤが外れて転がり主婦にぶつかって死亡させたりする事故を57件も発生させながらリコール隠しをして大問題となり、抜本的な対策を行ってきたと言われていたはずなのに、世間の期待を裏切ってまたもや軽自動車における燃費性能検査で不正を働いたのである。

前回の不正は、池井戸順によって書かれた「空飛ぶタイヤ」という小説のベースとなったくらいである。ああそれなのに、あの会社はまたしてもデータ偽装という不正を働いたのである。もうこれは、たまたまのこととは当然思えず、そういう風土、企業体質の会社としか思えない。

その会社が今回はどのような言い訳をするのか、またどのような対策を講じるのか、と関心を持って見ていたら、あらあら何とOEMの提供先である日産との電撃的な業務提携が報道されたではないか。両社の説明によれば、それは急に降って湧いた話ではなく、水面下ではかねてから進められていた話だとのことである。

しかしながら、その業務提携の記者会見の席上に現れた三菱自工の会長のこぼれるような笑顔に大きな違和感を感じた。肝心のデータ捏造問題や企業風土の抜本的改革には全く手つかずで、何らの兆しすら伝わって来ない中であの笑顔はないだろう。

そう感じたのは私一人かと思っていたら、「ダイヤモンド」誌が特集を組んだ中で、あの笑顔を批判していたのを読んで大いに溜飲を下げた。学生時代の記憶力を中心とした学力が優秀なため有力大学を出て大企業に入ったものの、顧客を見ず官庁のほうばかり向く仕事を長くやっていると、世間の常識とは大きくかけ離れた感覚の持ち主になることが多いようだ。同社の風土的課題もそれと無縁とは言えまい。

「五百年の歴史を誇る酒蔵に湯気立ち昇る朝ぼらけかな」

「薄霧のなか立ち昇る湯気白く造り酒屋の朝始まりて」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ