2016/3/27

人事担当者向けセミナーに参加して  短歌

うららかな陽射しの今日は「採用&教育担当者向けセミナー」を受講してきた。今回は講師ではなく受講者である。というのは、今回の企画と講師を担当するのは5年前にキャリアカウンセラーの資格を取る際に共に学んだクラスメイトの女性であったからである。

最近フェイスブックで互いの消息がわかって会話していたら、彼女からセミナーの案内が飛び込んできたので、応援の意味もあって参加したというわけである。副題に「今どきの若者の傾向&優秀な人材に育てるために」というのが面白そうだなあと感じたのも参加の理由であった。

顧問先の企業さんにも声をかけたらそのうちの1社から最近人事総務担当に替わったばかりの女性社員も参加することになった。受講者は彼女を含めて6名で、うち4名までは女性である。あとの2名は60才過ぎの男性と私である。それを1女の母親でもある講師が指導をするわけである。

講義では、1987年から1995年に生まれ2002年から2010年まで続けられた「ゆとり教育」を受けて育った「ゆとり世代」の特徴と、彼らに対する接し方の説明へと移っていく。年代としてはおおむね20才代がその対象である。主に中小企業に所属するらしい受講者たちは、熱心にメモを取っている。

講義のあとは、受講者たちによる各社の課題の紹介や情報交換、相互アドバイスの時間となる。彼らの所属する企業ではそういう若手の育成に苦労しているらしい。女性を中心に、活発に様々な手法やテクニックの話が紹介されていたが、順番が回ってきた私は、そういう手段も大切だがもっと大切なのはトップのコミットメントを得られるようにしなければいくら担当者が頑張ってもうまくはいかないことをアドバイスした。

つまり、トップの経営理念を明確に示してもらい、それをもとに人材育成方針を作成し、それを人材育成計画や自社の採用基準に落とし込んでいかないと、トップの気まぐれを防ぐことはできないことをアドバイスしたら、各社とも思い当たることがあるらしく、皆、さかんにうなづいてメモを取っていた。セミナーの終了後の名刺交換の際にはさらに続きのアドバイスを求めてきた受講者が複数いた。

受講料を払って講師の助けとなる役割を果たした、という経験はなかなか清清しいものがあった。

「若者の特徴示すセミナーにいざ出かけなん気を引き締めて」

「今どきの若者気質を踏まえつつその育成に力尽くさん」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ