2015/11/29

私が髪を短くした理由  短歌

9月中旬に思い切って髪を短くした。50年以上も変えていなかった髪型を思い切って変えたのである。丸刈りとまではいかないが、かなりバッサリと刈り込んだ。

私が決死の覚悟で理髪店に行ったのは、9月の利尻山登山に出かける前日のことである。出発日の朝、同行した4人のメンバーはすぐに気づいたが、私がその理由を説明したのはその日の夕方、稚内から利尻島に渡るフェリーの中であった。

長年の夢であった利尻山に登るため、今年は4月から毎月2回ずつ近くの山に登ったり、スポーツジムでのトレーニングを再開したりしていた。利尻島に向かう4日前には登山用品はまとめて宅配便で現地に送っておいた。

その翌日に左膝に違和感を感じたのである。それはかすかなものではあるが、チクリと刺すような痛みであった。初めての経験ではあたたが、直感でこれはまずいと感じた。

利尻山は標高こそ1720mと大したことはないが平地でさえ高山植物が咲いているくらい、厳しい気象条件の島である。その上、山には小屋はないから1500mの標高差を日帰りでピストンせねばならない。さらに、8合目から上の登山道はかなり崩落し荒れている。

無理をして強行すれば行けないことはないだろうが、私は他のメンバーの足を引っ張ることを恐れ、出発前日に断念することを決意したのである。

何よりも入念にトレーニングを積んできたのに残念でならなかったものの、今はその決断は正しかったと断言できる。というのは、その後の2回のハイキングのあと、左膝が急激に痛み出したのである。

その後のレントゲン撮影に基づく診察では、膝の軟骨が磨り減っており、周りの筋肉の強化により凌ぐしかないとの診断であった。短期間のうちに急激にトレーニングをやりすぎたせいだろう。

今はリハビリ科で週1〜2回の治療を受けている。今後は膝に負担をかけずに筋肉を鍛えるためジムのプールでのウォーキングも計画している。

かれこれ50年のキャリアを持つ山男としての自負は微塵に壊れ自信を喪失した。再び難度の高い山に登れるようになりたいものだ。

「左なる膝の痛みを抱へつつひたすら通ふリハビリの朝」

「これまでの山への自信なくさせる膝の痛みは急に来たりて」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ