2015/9/18

エサをあげないという優しさ  短歌

今回の担当リーダーのHさんは、登山日が悪天候になった時に翌日と入れ替えることができるように利尻島では3泊の計画を組んでくれていたが、幸いにも登山日である第2日目が快晴であったため、第3日目は当初計画どおり礼文島への日帰り観光となった。

利尻島の鴛泊港から礼文島の香深港へはフェリーで北へ40分の船旅である。ここでもやはり利尻山はずっと我々を見守ってくれていた。香深港では、予約していたレンタカーで島内を観光することにする。運転するのは予め決めていたとおり私の担当である。

島の南部では2年前に上映された「北のカナリア達」という映画の舞台となった小学校のセットや、桃岩展望台、そして北部ではスコトン岬や澄海(スカイ)岬を見て、帰りの道中では「ウニむき体験」もした。

利尻島への帰りのフェリーの壁の張り紙に気がついた。それは「エサをあげないという優しさ」というタイトルで、説明には「あなたが渡したいものはお菓子ではないはずです」とあった。人間の気まぐれでエサを与えることによってカモメは自分でエサを獲る能力を失うし、エサで汚れたフェリー内で気分を害する人も出てくる、という補足説明も加えてあった。

確かに、人間がエサを与えることはカモメにとって一時的にはありがたいことには違いないが、長期的に見たら決してカモメのことを考えた行動とは言えない。しかしながらふと、これはことカモメとエサのことだけには終わらない気がした。他にもこれと共通した「えせ優しさ」で満足していることはないのだろうか、と考えさせられた。

「北限の礼文島に来てみれば海の青さにしばし動けず」

「船よりの姿も美(うま)し利尻山 海の上にぞすっくと立てり」

 礼文島へのフェリーからの利尻山の雄姿
クリックすると元のサイズで表示します

 礼文ブルーに包まれた「澄海岬」(スカイみさき)
クリックすると元のサイズで表示します
2



2015/10/5  15:09

投稿者:甲田照子

皆様お元気ですか。礼文の旅拝見させていただきました。とても素敵で雄大な素晴らしいところですね。機会があれば是非行きたいと思っています。同じ団塊世代ですので考えも一緒だなあと思う次第です。10月10.11日は熊取だんじり秋祭りです。10月16.17日姉妹4人と鳥羽に旅行に行きます。では失礼いたします。



2015/9/22  21:37

投稿者:greenwind

この度は皆様で3泊のご利用をいただき誠にありがとうございました。
皆さんの明るさと楽しさで、私たちも又他のお客様たちもリラックスした時間を共有できたことを感謝しております。
又本当にうれしい評価をいただき、いっぺんに疲れが吹っ飛んだようなうれしい気持ちです。
まだまだ至らないところだらけですが少しでも想い出に残る旅のお手伝いが出来ればと思っております。
「想い出綴り」や又お帰りになってからIさんからも心からのお便りをいただきました。皆さんのお気持ちとしてしっかり受け止めさせていただきます。本当にありがとうございました。

http://greenwind.sakura.ne.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ