2015/8/30

日本の若者はどうなっているのか?  短歌

先日ここに、電車内での座席譲りのことを通して、日本人の若者のマナーが中国人にも負けているのではないかと書いたが、昨日も大学OB会の六甲山ハイキングに行く途中の阪神電車内で中国人の若者が年配の夫婦に座席を譲っている風景を見た。彼女は老夫婦が電車に乗り込むや否や、ためらいもなくごく自然に自分が席を立ち座席を譲ったのである。

やはりこのことはたまたまの偶然ではなく、平均的な中国人のレベルを表わしているのではないかと感じられた。(もっともある人に言わせると、マナーのいいのは台湾人であって大陸の人は必ずしもそうではないという話だが) そんな折、先日の新聞には「自分はダメな人間だ」と考える日本の高校生が72%と、中国(56%)、アメリカ(45%)、韓国(35%)の4ヵ国の中で一番多いという記事が出ていた。

一方で、「人並みの能力がある」と答えた割合は、中国とアメリカでは約90%、韓国も68%であったのに対して日本の高校生は56%であったそうだ。これは何を表わすのだろうか?少なくとも、自分に対する自信や「自己肯定感」が低いことだけはわかる。ではそれはどういう背景から発生するのだろうか?

調査結果を分析した大学教授によると、「自信や自己肯定感というものは、自然体験や社会体験を通じて、『達成感』を得ることで育まれる。日本の高校生がこうした体験をする機会を増やす必要がある。」ということらしい。確かにそうだろうと感ずる。マナー、道徳の向上と合わせて、日本の教育を見直すべきだと考える。

「この国の若き人らの道徳のレベルをいかに高めるべきや」

「道徳のレベルの低さはいつからか教育により地に落ちたるは」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ