2015/4/28

変わる大学図書館  短歌

先日の新聞に「変わる大学図書館」の記事があった。全国の大学の図書館内に学生が議論したりパソコンで発表したりすることができるスペースの設置が進んでいるとのことである。文科省の調査によれば、設置数はこの5年間で4倍に増加しているそうで、特に私立大学での設置数が多いようだ。

この目的は、学生が主体的に学び課題を解決する「アクティブ・ラーニング」(能動的学習)へのニーズが高まる中、図書館を新たな学びの場として活用することであるらしい。内容的には、複数の学生が集まってパソコンなどの情報機器を使いながら議論できる「アクティブ・ラーニング・スペース」を設置したり、可動式のテーブルやホワイトボードのある「グループ学習室」や「プレゼンテーションルーム」の設置や公衆無線LANのWi−Fiの配備をしている大学もある。

そういえば我が母校においても2年前に、当時の学長が高名な図書館長を外部から招聘して図書館改革を実施していた。その中には、天井や床を含む部屋中のすべての壁面がホワイトボードになっていて柔軟な議論を促進するよう工夫された部屋もあったし、パソコンで必要な書籍や文献を検索したすぐ横でそれについて議論できるスペースも設置されていた。1階の玄関横に設置されたちょっとしたカフェも含めて、図書館には多くの学生が来るようになったということである。

我々の学生時代の感覚から言えば、図書館というところはとにかくたくさんの書籍があるだけで、研究論文を書く時だけ利用するところであり、利用するものは他者の妨げにならないようひたすら静かにしないといけない場所であった。ましてや、多くの学生がわいわいがやがやと議論をしたり語り合う場所だという観念とは全く逆の感覚を持っていた。

時代も変われば変わるものである。いや、時代というより発想を変えると言うべきかもしれない。学生たちにどういう学びの行動をしてほしいのか、という目的がまず明確にあって、その実現のためには図書館やその他の場所をどのように活用すべきか、とその手段を考えていけば自然にそういう形になったのであろう。企業もお役所も大いに見習うべき点がありそうである。

「学生が集まる場所へと図書館にカフェや議論の場所まで設置」

「図書館の既成概念打ち破り活動的な学びの場へと」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ